SSブログ
新民主党 ブログトップ
前の20件 | -

「ジュニア・パートナー」は選挙に勝てない [新民主党]

 新民主党は2019年総選挙で、現有39議席を24議席に減らし、野党第二党から第三党に転落した。だが幸運にも与党自由党が過半数割れしたので、新民主党はキャスティング・ボートを握ることになった。同党はスローン・スピーチに賛成投票する見返りに、病気休暇の拡大と失業者への所得補助プログラムを盛り込むよう与党に要求し、実現させた。これにより、解散・総選挙は回避された。
 だがそのような取引は、経験的に有権者に支持されない。新民主党は1972年から1974年まで、ピエール・トルドーの少数政権を閣外から支えた。2005年にも、予算に賛成投票してマーチン少数政権を支えている。だが1974年総選挙で与党自由党と新民主党との選挙協力はなく、自由党が過半数を回復したのに対し、新民主党は31議席から16議席に減らした。2004年総選挙では、14議席から19議席に微増したに過ぎなかった。

 2019年に発表された研究論文は、ヨーロッパの28か国で過去45年間に成立した連立政権を担った「ジュニア・パートナー」は、総選挙で有権者に評価されにくい傾向があることを明らかにした。論文の著者は、ジュニア・パートナーの功績はもっぱら、連立与党の中核政党のものと見られがちだと語った。
「有権者は、連立与党の中核政党とジュニア・パートナーの違いをほとんど理解していない。そして彼らは総選挙で、より非力なジュニア・パートナーに投票する理由がない。」
 2013年に発表された研究論文は、イギリスで保守党の連立パートナーになった自民党について考察した。著者はこう述べている。
「第1に、ジュニア・パートナーは、中核政党とは異なる自分たちの貢献をアピールする必要がある。」
「第2に、成功したジュニア・パートナーには、強い印象を与えるリーダーがいる。」
 新民主党は連立協定を結んだ連立与党ではなく、あくまでも野党という違いはある。だが与党自由党の支持率は高く、近いうち総選挙が実施されれば、自由党は圧勝し、新民主党はそのあおりを受けることになるだろう。与党自由党をアシストする行為は、経験的に有権者に評価されにくい。同党は、その理由と貢献を強くアピールしておく必要がある。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

新民主党の5人、緑の党への移籍を否定 [新民主党]

 ニューブランズウィック新民主党の15人が緑の党へ移籍したと報じられた件について、そのうち5人が9月5日、報道を否定した。
 メラニー・リッチャー氏は、CBCのインタビューで次のように述べた。
「これは誤報だ。かなりの人数が、同意なくリストに名前を挙げられたことにショックを受けている。緑の党が間違った情報を広めているのは、問題だ。」
 フランシス・デュゲイ氏は、自分が緑の党に移籍するとジャーナリストから聞かされ、驚いたとラジオ・カナダで語った。彼は、緑の党の誰とも接触していないと言う。
「何かが間違っている。全ては土壇場の行動で、我々は何の相談も受けていない。」
 彼は、党移籍についても、緑の党への支持についても同意していないと述べた。
「私はいかなる書類にも署名することなく、名前がリストに載っていると聞かされた。」
 彼はジョイス・リチャードソン氏と2日夜に会い、ニューブランズウィックの新民主党と緑の党の合併について聞かされたと語った。
 ジャン=モリス・ランドリー氏も、今週ジョイス・リチャードソン氏から話を持ちかけられたと語った。
「私が説明されたことは・・・記者会見で新民主党と緑の党の合併を発表するということだった。」
 彼は新民主党の離反者として名を挙げられ、その理由がシン党首への不満だと報じられているのを聞いてショックを受けたと語った。
「私はそのような話に、全く同意していない。」
 だが当のジョイス・リチャードソン氏はCBCに、自分が話したのは緑の党への移籍であって、党合併ではないと明言した。
「それが合併の話でなかったことは、非常に明白である。」
 ランドリー氏、ヘイリー・ダフィー氏、マディソン・ダフィー氏、ベティ・ウィア氏の4人は5日、新民主党を支持する声明を発表した。
「我々の同意なしに名前を挙げられたことは、遺憾である。」
「我々は候補者として、最後の選挙においてニューブランズウィック新民主党を代表したことを誇りに思っている。そして新民主党を、地方においても連邦においても支援することを、誇りに思い続ける。」
 3日に記者会見を行い、14人の元候補が緑の党に移籍すると発表したのは、ジョナサン・リチャードソン大西洋担当執行役員(ジョイス・リチャードソン氏の息子)とニューブランズウィック緑の党のデビッド・クーン党首である。

 リチャードソン執行役員が、シン党首の問題点について述べた際に語った人種差別発言もまた、波紋を呼んだ。
 彼は、党員に会うためニューブランズウィック州を旅して、特に州北部では「多少の」人種差別があると述べた。
「私がアケイディアン半島にいたときから、住民の多くが非白人を多少警戒する地域が多くある。」
「この国には、避けられない人種差別の根が、まだ存在する。」
 このように15人の移籍にまつわる話は、かなり食い違っている。連邦緑の党のメイ党首は、14人の元候補のうち7人はニューブランズウィック緑の党に移籍しているという声明を発表した。そのうえで、リチャードソン執行役員の人種差別発言を一蹴した。
「緑の党には、いかなるたぐいの差別も、居場所は全くない。我々は、いかなるたぐいの性差別、イスラモフォビア、ミソジニー、ホモフォビア、ヘイトスピーチも許容しない。カナダの強さは、その多様性にある。」
「実際に、何人かの人々は人種差別的な理由で新民主党に投票しないという、恐ろしい現実がある。私は、このような態度を非難する。だからといって、新民主党を支持しない人々に向かって、その理由は人種差別だと攻撃するのは、完全に間違っている。」
 メイ党首はさらに、政策的には近いとされる新民主党の党首を、珍しく強い口調で批判した。
「シン氏が党首になって以来、私はニューブランズウィックを3度訪問している。私は実際、この7か月で全ての州と1つの準州を訪問した。私はシン党首にききたい。彼が党首になって最初の18か月は、議席がなく、私より自由だったはずなのに、なぜニューブランズウィックを訪問しなかったのか。」
 彼女はさらに、7月にニューブランズウィック州フレデリクトンで開催された、先住民団体アッセンブリー・オブ・ファーストネーションズの年次総会にも彼が欠席した事実を非難した。
「ニューブランズウィックの新民主党員が失望するのも無理はない。」
「連邦党首は、激務である。あなたには出席する義務がある。」
 新民主党のシン党首は、全ての党首はカナダの多様性を賛美すべきであり、メイ党首はなぜ元新民主党員を入党させたのか説明する必要があると語った。そしてリチャードソン発言については「彼はニューブランズウィックを見限ったのだろう」と述べた。
 新民主党のチャーリー・アンガス議員は、ツイッターでこう綴った。
「宗教の異なるリーダーの下で出馬したくないという理由で、新民主党候補が船を乗り換えるというのは、病的だ。」
 ニューブランズウィック緑の党のクーン党首は、次のように述べた。
「私が聞いたのは、無知で、有色人種や宗教の異なる人に偏見を持つ一部の人々に彼が出遭ったということだ。」
「人種偏見がカナダに存在することは、真新しいニュースではない。我々は立ち上がり、それを根絶するために働く必要がある。」
 彼はニューブランズウィックを定期的に巡っており、「大多数の」州民は寛容だと語った。
 ランドリー氏は、リチャードソン執行役員の発言は不快だが、ニューブランズウィックにはシン党首への「多少の」人種偏見があると認めた。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

新民主党の元候補14人が緑の党に移籍 [新民主党]

 ニューブランズウィック新民主党の元候補14人が、9月3日モンクトンでの記者会見で、離党して緑の党に移籍すると発表した。
 移籍するのはジョイス・リチャードソン、リズ・ポトバン、ウィリー・ロビショード、アルベール・ルセル、アン・リチャードソン、ジャスティン・ヤング、ジャン=モリス・ランドリー、ジェシカ・ケシー、リナ・シアソン、セシル・リシャール=エベール、フランシス・デュゲイ、ヘイリー・ダフィー、マディソン・ダフィー、ベティ・ウィアの各氏。ジョナサン・リチャードソン大西洋担当執行役員も、移籍する。
 リチャードソン執行役員は、連邦新民主党のシン党首が就任以来一度もニューブランズウィックを訪問していないことや、連邦議会総選挙まであと50日もないのに、新民主党はニューブランズウィックにある10選挙区のうちの一つも候補を擁立できていない事実を挙げた。
 14人は、連邦緑の党かニューブランズウィック緑の党に移籍するというが、連邦緑の党はすでにニューブランズウィック選挙区の半分以上で候補を擁立しているようで、誰が10月の連邦議会総選挙に出馬するのかは不明である。いっぽうシン党首は、ニューブランズウィック選挙区の候補として、州議会総選挙で落選したこれらの元候補たちを擁立しようとしていたふしがあるが、総選挙を目前に控え候補擁立は暗礁に乗り上げた。

 8月29日にイーコス・リサーチ社が実施した政党支持率調査は、全国で緑の党10.4%に対し新民主党7.2%、東部では緑の党13.3%に対し新民主党10.3%と、いずれも新民主党が劣っている。2018年州議会総選挙で、ニューブランズウィック緑の党が3議席を獲得しキャスティングボートを握ったのに対し、ニューブランズウィック新民主党は2003年総選挙で1議席を獲得したのを最後に、議席を取れていない。8月16日には新民主党のピエール・ナンテル議員が、緑の党からの出馬を表明した。

 連邦新民主党のメラニー・リッチャー首席報道官は、候補擁立は順調だと述べた。
「これらの人々が、シーア党首導いる保守党政権を支えて快適だというなら、それをどう説明するかは彼ら次第である。」
「我々は会議を召集し、10選挙区のうちの6つに、来週末までには候補擁立を予定している。ニューブランズウィックの有権者は誰でも、医薬品保険制度の導入にただちに取りかかり、国民の利益を常に優先する新民主党候補に投票できるようになる。」
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

シン降ろし、水面下で進行 [新民主党]

 ブリティッシュコロンビア州バーナビー・サウス選挙区の補選が、2月25日に実施される。メインストリート・リサーチ社が1月8日、選挙区の740人の有権者に、自動音声により固定電話と携帯電話を対象に実施した世論調査は、ジャグミート・シン党首(新民主党)38.8%、カレン・ワン候補(自由党)26.3%、ジェイ・シン候補(保守党)22.0%、ローラ=リン・タイラー・トンプソン候補(人民党)8.7%という結果となった。なおワン候補は自分を「中国系唯一の候補」(※実際は中国系の無所属候補がいる)、シン党首を「インド系」(※シン党首はカナダ生まれ)と発言したため、1月16日に立候補を辞退させられ、リチャード・リー候補に代わっている。
 メインストリート・リサーチ社のキート・マギー社長は、最大のショックはむしろ保守サイドだと言う。人民党の支持率が9%近くにまで達していて、言うまでもなくそれは保守党から奪ったものだからだ。彼は、人民党のこの高支持率が総選挙当日まで続き、バーナビーにかぎらず全国的なものになるなら、保守党には全く勝ち目がないと断言した。
「この種の保守票分散は、2000年代初めを最後に見ていない。」

 シン党首は就任以来、低い支持率、低調な資金調達、議員のセクハラ疑惑への対処などについて批判にさらされてきた。彼が2018年秋に補選出馬を表明したとき、世論調査は彼が苦戦することを示していた。彼は1月20日テレビのインタビューで、たとえ落選しても党首に留まり、2019年の総選挙を指揮すると語っている。だが新民主党議員数人は、落選すれば党首に留まることはできないと、6月に彼に警告したとメディアにリークした。
 シン党首が辞任しないときは、幹部会が不信任投票を実施する。これには党首を解任する拘束力はないが、強い圧力になる。ある党役員は、匿名を条件にこう述べた。
「自ら辞任を選ぶなら、名誉ある退任を得られるだろう。だが力で追い出されるなら、悲惨な結果になる。」
 何人かの議員は、シン党首の「名誉ある退任」の具体的プランを考え始めた。彼に副党首かオンタリオ副官の名誉職を用意し、次の総選挙で州議時代の地盤であるブランプトン・イースト選挙区の候補として擁立するというものである。
 シン党首が辞任した場合、党首選をすぐに開催するプランもある。何人かは、2018年にオンタリオ進歩保守党のパトリック・ブラウン党首が辞任した後、すぐに党首選を開催した例をイメージしている。だが進歩保守党は世論調査で首位を走り、党首選が次の首相を選ぶ選挙だったから盛り上がったし、資金も集めることができた。だが新民主党は、支持率14%程度に低迷する野党第2党で、党首選で資金を使い果たしたら総選挙を戦うことができなくなる。
 そこで、幹部会による暫定党首選出というプランが浮上する。ネイサン・カレン議員とギ・カロン議員の名が挙げられているが、カレン議員は次の総選挙に出馬しない意向を表明している。
 もう一つ、党員による党首信任投票がある。これは原則として党大会で実施されるが、秋の総選挙まで党大会が実施される予定はない。党則では、新民主党役員会か、過半数の支部の要請があれば特別党大会を開催することができる。

 ブリティッシュコロンビア大学で政治学を教えるジェラルド・ベアー教授は、トルドー首相がバーナビー・サウス選挙区の補選を遅らせた理由は、新民主党へ「圧力」をかけるためだと指摘した。
「シン党首が退任したとき、彼らには新しい党首を決めるための時間が不足している。」
「自由党は選挙に勝つため、左派票を新民主党から奪う必要がある。新民主党の内紛は、自由党の利益になる。」
 シン党首は、自分が落選した場合について考えていないと語った。
「私は、自分の政治的将来を心配していない。私は、この国の将来を心配している。」
nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:地域

スベンド・ロビンソン氏、総選挙出馬を表明 [新民主党]

svend-robinson.jpg スベンド・ロビンソン元議員(66歳)は1月15日、彼が育ったブリティッシュコロンビア州バーナビー・ノース-シーモア選挙区に新民主党から立候補し、政界復帰を目指すと発表した。
「ここ何か月か、私は家庭訪問を続けている。議員を辞めてから15年になるが、人々は私の活動を憶えていて、復帰を歓迎してくれている。」
 彼は、政界復帰に導いたのは地球温暖化と住宅危機という2つの脅威だと説明した。

 彼は1979年から25年間、新民主党の下院議員を務めた。議員になる前に女性との結婚歴と離婚歴があったが、1988年に同性愛を公表した初の国会議員となった。
 外交では徹底した反米・反イスラエル・反中国と、親キューバ・親パレスチナ・親チベットで知られていた。自由党議員が9月11日を「アメリカ・デー」にする法案を提出したとき、彼は、1973年9月11日にチリのクーデターでアジェンデ政権が打倒されたことを記念し「チリ・デー」にする法案を提出した(どちらも否決)。
 環境主義者としても知られ、ハイダ族の森を伐採することに抵抗し、禁錮14日の刑に処せられた。その後ハイダ族の養子となり、「ホワイト・スワン」のハイダ族名を与えられている。
 1990年代には、医師の幇助による安楽死合法化に誰よりも早く取り組んだ。有名な筋萎縮性側索硬化症(ALS/ルー・ゲーリック病ともいう)患者スー・ロドリゲスさんの法廷闘争を支援し、彼女の最期(非合法だった医師の幇助による安楽死)に付き添っている。
 1995年には新民主党党首選に有力な候補として出馬し、第一回投票をトップで通過した。だが、足切りされた3位のニストロム候補が“Anyone-but-Svend”(スベント以外誰でも)のスローガンを掲げていたため、最終的に勝ち目がないと見た彼は党首選を辞退し、アレクサ・マクドノーに党首の座を譲った。
 彼はゲイの議員として、ヘイトスピーチの対象である「肌の色、人種、宗教、民族の起源」に「性的指向」を追加する法案を提出し、2004年に成立させた。
 2004年4月、彼は6万4000ドルの指輪を盗み、起訴された。彼が双極性障害を患っていることに検察と弁護側が合意したため、彼は釈放され、社会奉仕活動をするという条件で前科がつかないことになった。
 だが彼は議員を辞職し、その年6月に実施された総選挙に立候補できなくなった。代わりに彼の後援会で働いていたビル・シクセイが立候補し、当選した。なおシクセイは、当選前にゲイを公表した最初の議員となった。ロビンソンは2006年の総選挙に出馬したが、新民主党が躍進したにもかかわらず落選し、政界引退を表明した。
 引退後は、同性パートナーのマックス・リバソン氏とスイスに移住し、エイズ・結核・マラリア対策世界基金のコンサルタントとして働いたが、65歳で退職し、近年バーナビーに戻って来たという。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

シン党首、補選で苦戦か [新民主党]

 新民主党のジャグミート・シン党首は、バーナビー・サウス選挙区の補選に出馬する意向をすでに表明しているが、自由党は同選挙区に候補を擁立する意向を明らかにした。
 カナダは党首討論を重んじる伝統があるため、野党第一党の党首に就任した人が議席を持たず、補選に出馬した場合は、候補を擁立しなかったり選挙運動をしなかったりするのが慣例である。だが新民主党は、野党第二党である。政府筋によると、補選は新年早々に公示され、2月冒頭に実施されるという。
 バーナビー・サウス選挙区は、前身のバーナビー-ニューウェストミンスター選挙区も含めると2004年から新民主党が議席を独占している。とはいえ自由党候補と毎年接戦を繰り広げており、同選挙区の自由党員は、議席を得るためガチンコで戦いたがっていると自由党関係者は語った。
 最大野党の保守党は、弁護士のジェイ・シン氏を擁立することを決めている。人民党も、候補を擁立する意向を表明した。新民主党と政策的に極めて近い緑の党は、候補を擁立しないと発表した。

 野党4党首は10月下旬、トルドー首相に共同で書簡を送り、欠員の生じた選挙区ですぐに補選を実施するよう要請した。だが首相は、オンタリオ州リーズ-グレンビル-サウザンドアイランド&リドーレイク選挙区の補選一つを、12月3日に実施しただけにとどまった。
 野党4党首はさらに書簡を送り、首相を非難した。
「カナダの長年の伝統は、全ての欠員のための補選を同時に公示することだ。ところがバーナビー・サウス、ヨーク-シムコー、ウートルモンの33万4000人のカナダ人が代議員なしの状態が続く中、リーズ-グレンビルの補選を公示するのみに終わった理由について、あなたは明確な説明をしていない。」
 ただ一人、3選挙区の補選を先送りにしたことを批判しなかった野党党首は、人民党のベルニエ党首だった。彼が10月に新党を選挙管理委員会に登録したとき、60日経過しないと候補を擁立できなかったからである。
 シン党首は、トルドー首相の行動を「姑息な小細工」と批判し、こう述べた。
「トルドー首相がなぜ公示を先送りしたのか、私には定かではないが、住宅危機、処方薬のコスト、環境への脅威といった、バーナビー・サウスの人々にとって最も重要な問題を議論することに、わくわくしている。」
 だが首相は、シン党首が補選で8戦全敗している事実を挙げ、「聖人気どり」と皮肉った。

 11月19日に発表されたメインストリート・リサーチ社による世論調査は、同選挙区の過去の例とは異なり、シン党首が苦戦していることを示している。それによると同選挙区での政党支持率は、自由党36%、保守党29%、新民主党27%と、現時点では3位である。
 次の総選挙まであと1年もないが、もしシン党首が落選するようなことがあれば、党首に留まることは難しくなるだろう。とはいえ他党にとって、バーナビー・サウス選挙区の議席は一つにすぎず、全国的に特にケベックで人気のないシン党首を引きずり降ろすよりは、このまま党首に留まってもらい、次の総選挙を迎えた方が得かもしれない。

 法律により、下院に欠員が生じた場合、補選は6か月以内に実施しなければならない。よってケベック州ウートルモン選挙区は1月30日まで、ブリティッシュコロンビア州バーナビー・サウス選挙区は3月18日まで、オンタリオ州ヨーク-シムコー選挙区は3月30日までに実施しなければならない。
 政界引退していたジョー・クラーク元首相が、野党第4党の進歩保守党党首としてカムバックし、2000年の補選に出馬したとき、与党自由党は候補を擁立しなかった。最大野党のカナダ同盟と新民主党は候補を擁立したが、落選した。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

保守党の望みは「新民主党の支持率上昇」 [新民主党]

 ナノス・リサーチ社が11月16日、1000人のカナダ人有権者を対象に電話で実施した政党支持率調査は、自由党39.4%、保守党28.7%、新民主党17.2%、緑の党7.3%、ケベック連合2.4%、人民党1.1%という結果となった。
 与党自由党と最大野党保守党は、長い間抜きつ抜かれつのデッドヒートを繰り広げていたが、今回の調査では自由党が頭一つ抜きん出た形となった。保守党の前回総選挙での得票率は31.9%で、同党支持率はそれ以降ほとんど変化していない。変化しているのは自由党支持率の方だが、保守党にとって特別に気になるもう一つの数字は、新民主党の支持率であろう。

 新民主党は2017年10月1日、ジャグミート・シン党首が新たに就任したが、支持率は上がらず、補選でも8戦して全敗している。新民主党の低支持率が、そのまま自由党の高支持率につながっていると考えられる。
 1961年の新民主党結党以来、18回の総選挙が行われたが、自由党が勝利したときの得票率は平均で14.8%だった。ところが、保守党(または進歩保守党)が勝利したときの得票率は平均で19.6%と、5ポイント近くも高い。保守党が勝利できる分岐点が「新民主党の得票率17%以上」であることは、秘密でも何でもなく、批評家たちにすでに指摘されていることである。
 新民主党の得票率が17%以下だった総選挙は8回あったが、そのうち7回は自由党が勝利した。唯一の例外は1962年総選挙で、新民主党の得票率が13.6%のとき、進歩保守党が定数265議席のうち116議席を獲得し、過半数割れながら辛勝した。
 新民主党の得票率が17%以上の総選挙では、保守党が6回勝利し、自由党が4回勝利した。後者の4回のうち2回は、自由党少数政権が成立している。
 1961年の新民主党結党以来、保守党過半数は1984年・1988年・2011年の3回あったが、新民主党の得票率が、2011年の30.6%は史上最高、1988年の20.4%は史上2番目、1984年の18.8%は史上5番目の好成績である。サンプル数が少なすぎるとは言え、新民主党が低迷しているときは自由党が勝ち、新民主党が好調のときは保守党が勝つことは、広く知られた事実である。顕著な例はオンタリオ州スパダイナ選挙区(現スパダイナ-フォートヨーク選挙区。チャイナタウンを含み、中国系有権者が多い)で、1980年以降、総選挙で自由党候補が当選したときは自由党政権になり、自由党候補が当選できなかった(新民主党候補が当選した)ときは保守党政権になっていて、ジンクスの的中率は100%である。
 保守党が総選挙で勝つとき、新民主党はブリティッシュコロンビアとケベックで得票率が自由党より6ポイント以上高い。同様にオンタリオでは、得票率が自由党より4ポイント以上高い。
 自由党が次回総選挙で有利になっているのは、新民主党がケベックで支持率低迷しているからだ。前回総選挙の得票率25.4%から9ポイントも低下しており、これで自由党はさらに14議席も拾うことができる。ケベックでの支持率低下の原因が、シン党首のターバンにあることは明らかだ。

 自由党と保守党が毎年激戦を繰り広げる選挙区が、国中至るところに、特にトロント郊外に多くある。それらの選挙区において、新民主党票のわずかな変動さえ、結果を大きく左右することがありえる。
(ただし、緑の党の支持率7.3%は前例がないほど高く、次の総選挙では予想外の結果を招くかもしれない。今年のニューブランズウィック州と去年のブリティッシュコロンビア州の総選挙では、緑の党の健闘が全党過半数割れの事態をひき起こし、連立交渉による政権樹立という予測不能の結果を招いた。ただし緑の党は、選挙区で当選困難と悟ると他党にスイッチする「戦略的投票」のため、投票日が近づくほど支持率を下げることが知られている。)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

CBC、ムーア議員のセクハラ報道を謝罪 [新民主党]

 カナダ放送協会(CBC)は8月30日、新民主党のクリスティン・ムーア議員に関するセクハラ疑惑報道について、報道基準を満たしていなかったとして謝罪した。
 ムーア議員は5月、不適切な関係を迫られたと退役軍人のグレン・カークランド氏に訴えられた。CBCは彼女に、疑惑について説明するよう要求し、彼女から時間が欲しいと言われたが、十分な時間を与えなかった。CBCキャスターは、与えるべきだったと認めた。
 ムーア議員はメディアに対し、CBCの謝罪に満足しており、訴訟を起こす計画はとりやめるが、疑惑を報じたトロント・スター紙とナショナル・ポスト紙への訴訟については、まだ検討していると語った。
 新民主党のシン党首は、謝罪は適切だと語った。
「私はクリスティンに、全面的な信頼を置いている。そして彼女が幹部会に復帰した今、私は彼女とともに働くため、前を向いて行く。」
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

シン党首、バーナビー・サウスの補選に出馬か [新民主党]

 CBCは8月5日、新民主党のジャグミート・シン党首が、ブリティッシュコロンビア州バーナビー・サウス選挙区の補選に出馬する意向だと報じた。
 そこは現在、新民主党のケネディ・スチュワート議員が保有しているが、彼はバンクーバー市長選に出馬するため、辞職する意向を明らかにしている。
 バーナビー・サウス選挙区は2015年に創設されたが、バーナビー市南部の選挙区は2004年以降はずっと新民主党候補が当選し続けている。
nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:地域

新民主党のシン党首が婚約 [新民主党]

jagmeet.jpg

 新民主党のジャグミート・シン党首(39歳)は1月16日、ファッション・デザイナーのグルキラン・カウルさん(27歳)と婚約したと発表した。
 2人は2010年に知り合い、約1年前から交際するようになった。シン党首はこの日の夜、2人が初めてデートしたトロントのレストランで、家族や友人たちのほかマスコミ関係者を招待し、サプライズの公開プロポーズを敢行した。彼が懐から指輪を取り出し、跪いて求婚すると、彼女は即座に受け容れた。
 シン党首は2017年10月の党首就任以来、私生活をほとんど明かさなかった。12月には、婚約者がいるとインターネット上で噂されたが、彼は当初否定していた。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

マルケア前党首、引退を発表 [新民主党]

 新民主党は、トム・マルケア前党首が2018年春のセッション終了後に、下院議員を辞職し引退すると発表した。
 その後は大学で教鞭を取ることになっているが、大学名は明らかにしなかった。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

シン党首、補選に出馬せず [新民主党]

 連邦議会に生じた4つの欠員について、補選が12月11日に行われるが、新民主党の党首に就任したばかりのジャグミート・シン党首は11月8日、出馬しない意向を示した。
 補選が実施されるのは、ジュディ・フット前公共サービス・調達大臣(自由党)が引退したボナビスタ=バーリン=トリニティ選挙区(ニューファンドランド&ラブラドル州)、ジェリー・リッツ元農務大臣(保守党)が引退したバトルフォーズ=ロイドミンスター選挙区(サスカチュワン州)、ダイアン・ワッツ議員(保守党)がBC自由党党首選に出馬するため辞職したサウスサーレー=ホワイトロック選挙区(ブリティッシュコロンビア州)、アーノルド・チャン議員(自由党)が死去したスカボロー=エイジンコート選挙区(オンタリオ州)である。

 カナダでは、議席のない党首が新たに就任したときは、新人議員が辞職して補選を行い、新党首に議席を獲らせることが多い。だがシン党首は最大野党党首ではなく、せっかく当選した議員に辞職させるのは好まないようだ。
 かつてジャック・レイトン元党首も2003年1月に新民主党党首となったが、2004年6月の総選挙まで、その間3度の補選があったにもかかわらず出馬せず、議席を持たなかった。シン党首は、彼の故事に言及した。
「私は、新民主党で最も成功した党首であるジャック・レイトンを念頭に置いている。彼が党首になったとき、議席がなかった。彼は市会議員だった。そして彼はカナダの全域を巡り、様々な地方の人々とふれ合い、国の問題について事情を聞いた。それこそが重要なことであり、私がやりたいことなのだ。」
 シン党首は、オンタリオ州スカボローに生まれている。スカボロー=エイジンコート選挙区の補選は、彼にとっては絶好の機会のようにも思えるが、チャン氏の未亡人ジーン・イップ氏が出馬を表明しており、楽な戦いではない。シン氏は党首になる前はオンタリオ州議であり、ブランプトンを地盤にしていたことから、次の総選挙でブランプトン・イースト選挙区から出馬するものと見られている。
 彼は10月4日、ギ・カロン議員を院内幹事長に任命し、議会での指揮を任せている。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

新民主党党首にシン氏:カナダ初の非白人党首誕生 [新民主党]

 新民主党党首選の投開票が10月1日に行われ、ジャグミート・シン州議(38歳)が1回目の投票で53.8%の票を獲得し、当選した。
 彼は、インド系移民の両親からオンタリオ州スカボローで生まれたシーク教徒で、連邦議会に議席を持つ党では初の非白人党首となる。38歳での党首就任は、党の歴史で最も若い。
 オンタリオ州議の彼は、連邦議会に議席がなく、院内活動はできないため、当面は下院幹事長が指揮を執ることになる。退任するトム・マルケア党首は議員を辞職する可能性がある。これとは別に、ドニ・ルベル議員(保守党)が辞職して引退したため、補選が実施される。議席のないシン党首が出馬するかどうかが注目されるが、ターバンを被りキルパンを携帯する彼は、ケベック州政府が公共の場での無宗教を求める62号法案に反対しており、容易ではないだろう。
jagmeet-singh-or-not-nothing-is-ever-easy-for-the-ndp-politics-cbc.jpg

 チャーリー・アンガス議員は、19.4%の票を獲得して2位となり、先住民との和解問題に重要な影響力を保持した。
 ニキ・アシュトン議員は、17.4%の票を獲得して3位につけ、極左グループの底力を見せつけた。
 ギ・カロン議員は、選挙戦終盤に追い上げて9.4%の票を獲得し、シン氏が弱いケベックでの存在感を示した。
ndp-leadership-races.jpg



写真上:左からチャーリー・アンガス議員、ジャグミート・シン州議、ギ・カロン議員、ニキ・アシュトン議員。
図下:新民主党の歴代党首と、就任数か月前の政党支持率。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

党首選出馬のニキ・アシュトン議員が妊娠 [新民主党]

220px-Niki_Ashton_2012-02-12.jpg 新民主党党首選に立候補しているニキ・アシュトン議員(34歳)は5月29日、妊娠していることを公表した。 党首選の投票は10月29日に行われるが、彼女の出産予定日は11月冒頭であるにもかかわらず、立候補の辞退はしないという。
「多くのカナダ人女性と同様に、私は仕事を続ける。これは社会と環境と経済における正義を築くため、国中の党員・活動家・革新勢力とつながり続けることを意味する。」
 彼女は2011年に結婚したが、2015年には別居し、2017年に離婚が成立している。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

幹部会でマルケア降ろしの動き [新民主党]

 新民主党は9月13日と14日、モントリオールで幹部会を召集する。そこでは減少している政治献金や、落ち込んでいる支持率などについて話し合われることになっているが、何人かの議員や元議員の間に、マルケア党首を引きずり降ろすクーデター計画があると報じられている。
 マリット・スティルス理事長は何人かの人々から、マルケア党首は即時退任すべきだと聞かされた。彼らは、マルケア党首には士気が感じられないと漏らしたという。
 一時は世論調査でトップに立ったにもかかわらず、新民主党は2015年10月の総選挙に敗れた。マルケア党首は、2016年4月の党大会で不信任され退任することが決まったが、2017年秋の党首選で新しい党首が選出されるまで職に留まると表明していた。
 マルケア党首自身は、そのような意見は全く聞いていないと言う。また彼の支持者も、ごくわずかの煽動者がいるだけで、愚痴以上の何物でもないと主張する。
 ハンス・マロット副理事長は、マルケア党首の即時退任を望む意見は聞いたことがなく、せいぜい2・3人ではないかと考えているが、懸念がないわけではない。
「事件はしばしば、2人か3人か、せいぜい5人くらいが『彼はもうダメなんじゃないか』と言い出し、それからある種のスパイラルが起きて、人々が『そうだね、たぶんそうだね』と言うようになり、そして事件は起きるのだ。」
 マルケア党首はかつて実際に、自分への支持について決定的に誤解していた。彼は「私は、幹部会の誰かが私のリーダーシップに公然と挑むとは聞いていていない」と語っていた。
 党首選立候補の受付は7月2日で、立候補を表明した人はまだ誰もいない。マルケア党首を引きずり降ろせたとしても、その跡を継ぐ暫定党首が誰なのかは、全く見えていない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ディノボ州議、党首選出馬を断念 [新民主党]

 シェリー・ディノボ州議(オンタリオ州)は8月2日、連邦新民主党の党首選出馬を取りやめると発表した。彼女は6月に「非公式の」候補となることを宣言していたが、ここ数週間で2度の発作を起こし、断念した。

 ディノボ州議は、次のように語った。
「民主社会主義、地球温暖化の是正、反人種差別、先住民に関する国連宣言、LGBTQ2Sの権利、保育制度、薬代扶助、教育の無償化、革新的な税制改革の夢は、今も生きている。」
「それらの主義を掲げる候補は、私と私の支援者の支持を受ける。」
「それが私でなかったのは残念だ。」
「それら新民主党の草の根を代表する人々と、新民主党にそれら革新勢力を代表することを望む人々は、沈黙しない。」
「残された唯一の道は、左へ行くことだ。」
「我々は、自由党が前回総選挙でドラマチックに3位から1位になるのを見た。我々にそうできないという理由はない。」
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ディノボ州議、「非公式」の立候補を宣言 [新民主党]

 新民主党党首選はまだ始まっていないが、マルケア降ろしの口火を切ったシェリ・ディノボ州議(オンタリオ州)は6月7日、「非公式の」候補となることを宣言した。党首選に立候補するには3万ドルの登録料を支払う必要があるが、彼女はこれを「民主主義の障壁」と呼び、支払うつもりはないと言う。
「私は、私のためにではなく新民主党のために、地位のためではなく主義のために戦う。」
「お金はどんな形であれ、民主主義・社会主義の党の障壁であってはならない。」
 彼女は、4月の党大会でマルケア党首が不信任されたとき、党内草の根によってなされた決定が、社会主義の原則を再確認し地球温暖化に立ち向かうため、党を新たな軌道に導いて行くように感じられたので、党首の地位に特別興味を持つことはなかったと語った。しかし党はその後、そうはならなかったという。
 彼女の言う原則とは、地球温暖化防止、同一労働同一賃金、LGBTQ2Sと女性と労働者の権利擁護、先住民・少数民族のための正義の実行、生涯教育の充実、健康保険への扶助、安価な住宅供給、社会保険と年金増額、障害者へのより手厚い扶助のことであり、彼女は今後もこれらを推進してゆくのだという。そして、民主主義かつ社会主義の原則を支持するより強い候補が出馬するなら、彼女は出馬を取り下げる用意があると語った。
 彼女は、2018年に予定されている州議会選挙に出馬しないことを表明しているが、2019年までに実施される連邦議会選挙への出馬は否定していない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ネイサン・カレン議員、党首選不出馬を表明 [新民主党]

 新民主党のネイサン・カレン議員は6月3日、党首選に出馬しない意向を表明した。
 新民主党が4月10日の党大会でマルケア党首を不信任し、党首選が実施されることが決まってから、彼は出馬について家族・友人・支持者や党役員と話し合ってきた。世論調査でも、彼は最も人気のある候補だった。だが彼は、選挙制度改革や地球温暖化問題に専念する必要を感じており、オタワでより多くの職務を抱えることは、オタワから遠く離れたブリティッシュコロンビアの選挙区への対応や、そこで暮らす家族と過ごす時間の重要性を思うとき、決断できなかったという。
「何人かの人は、もう半年考えてくれないかと言った。でも私は、それは私がすべきやり方ではないと答えた。私は必ずしも、あと半年考えたら何かが変わるとは思わなかった。それで私は言った。『なぜ待つ必要があるのか? なぜ偽る必要があるのか? 人々に率直に話そうじゃないか。正直でありたい』と。」
 彼はまた、ブリティッシュコロンビア新民主党の党首選出馬についても、考えていないと語った。

 2012年の党首選に出馬したニキ・アシュトン議員とポール・デュワー議員のほか、アレクサンドル・ブレリス議員も出馬を噂されている。いっぽう前回総選挙で落選したミーガン・レスリー元副党首は、アルバータ州のノトリー首相のブレーンを務めており、連邦政界に復帰するつもりはないと明言している。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

新民主党次期党首の一番人気はカレン [新民主党]

 メインストリート/ポストメディア社による最近の世論調査は、与党自由党が依然として強く支持され、新民主党は大きく引き離されていることを明らかにした。
 政党支持率は、自由党48%、保守党30%、新民主党14%、緑の党5%、ケベック連合3%となった。
 次に新民主党支持者への調査で、次期党首にしたい人はネイサン・カレン下院議員17%、ジャグミート・シン州議11%、アビ・ルイス氏11%、ピーター・ジュリアン下院院内総務10%、ニキ・アシュトン下院議員4%、その他17%、未定26%となり、カレン議員が頭一つ抜け出た状態だが、未定が最も多く、その動向は予断を許さない。アシュトン議員は全国的にはあまり人気がないが、サスカチュワンとマニトバでは支持率39%と他を圧倒している。
 新民主党左派が提出した「跳躍マニフェスト」については、賛成が「強く賛成」17%・「やや賛成」41%で計58%、「やや反対」6%・「強く反対」25%で計31%と分かれた。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

グローブ&メイル紙コラム「新民主党に残された居場所は極左のみ」 [新民主党]

 新民主党は権力の追求を忘れ、国家の良心という伝統に回帰すべきだろう。それには、2011年総選挙で野党第一党に跳躍(leap)したことは、二度と起こることのないまぐれだったという事実を受け入れる必要がある。
 時代にマッチした若い魅力的なリーダーを持つ一新された自由党がこうなっていなかったら、昨年10月に新民主党には別の筋書きがあっただろう。トム・マルケアは彼の党を政治の本流に導き、スティーブン・ハーパーを打ち倒し今ごろは首相になっていたかもしれない。
 だが今、中道左派はトルドー自由党に占有されていて、彼らは長い間政権を握り続けるものとみられている。新民主党には、極左しか居場所はない。
 さらにエドモントンでの党大会で代議員たちは、もし採択されれば新民主党を当選困難にする「跳躍(leap)マニフェスト」を受け入れた。そして彼らは、それを空想的で誇大な怒りとしてそれを却下するのではなく、それを検討することを決議した。これこそ、新民主党が権力よりイデオロギーに関心を持っていることを示している。彼らは、現実の世界で己の手を汚して政治を行うこともなく、道徳的な高い位置から大衆に説教し、世界を紙で作り直そうとする、かつての周辺的存在に戻れて満足することだろう。
 最悪でも、新民主党は徐々に場違いな存在に落ちていくだけだ。せいぜい良くても、それはトルドー政権の番犬として役に立つことだろう。バーニー・サンダースがヒラリー・クリントンを、より左にシフトさせたように。
 ところで誰が、活動家たちの心を掴んだ過激派にレールを敷かれた党を導くのだろうか。スティーブン・ルイス(訳者注※オンタリオ新民主党元党首・元国連大使)の賛同を受けた終末論的ドグマを信奉する「リーパーズ」は、1970年代のワッフル運動よりも非妥協的だ。ネイサン・カレン議員やアレクサンドル・ブレリス議員のような穏健派の党首候補たちには、リーパーズは手に負えないだろう。
 だが、党首がリーパーズから出るとしたらどうだろう。アビ・ルイスは、ジャスティン・トルドーに対する理想的な答えとなろう。1968年生まれで、若さとエネルギーがみなぎっている。彼はまた、ハンサムでもある。彼はまた、テレビ番組のホストや映画監督を務めている。彼はまた、エコロジー運動の象徴である魅力的な妻ナオミ・クラインの夫でもある。二人は、カナダの左翼を象徴するカップルである。
 そして何より、ルイス家の政治歴はトルドー家より長い。彼は、スティーブン・ルイスの息子であり、かつデビッド・ルイス(連邦新民主党元党首)の孫である。
 アビ・ルイスは先日、党首選に興味はないと言った。だが彼の支持するマニフェストを党が採択するなら、食指をそそられないだろうか。これこそ、多くの新民主党員が望んでいるものである。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
前の20件 | - 新民主党 ブログトップ