SSブログ

保守党党首選、6人が立候補 [保守党]

 保守党党首選の立候補者は、4月29日までに登録料15万ドル・保証金15万ドルと7以上の州・30以上の選挙区における推薦人500人分の署名を集めて提出しなければならない。同党は5月2日、スコット・エチソン下院議員、レスリン・ルイス下院議員、ピエール・ポワリエーブル下院議員、パトリック・ブラウン市長、ジャン・シャレー元州首相、ローマン・バーバー州議の6人の立候補を承認したと発表した。
FRwaVKFWQAIHC2F.jpg

 リオナ・アレスレフ元副党首は出馬を表明していたが、締切までに資金を集められず撤退した。ジョゼフ・ブルゴー氏(実業家)、グラント・エブラハム弁護士、ジョエル・エティエンヌ弁護士の3名は、資金と署名を提出したにもかかわらず、失格と判定された。これら3名はいずれも社会保守主義者だったため、疑惑を招いている。
 ブルゴー氏は会社経営者だが、妊娠中絶に反対する圧力団体「キャンペーン・ライフ連合」に支援されていた。彼はまたワクチン義務化に反対し、フリーダム・コンボイにも参加していた。エブラハム氏は、自由党政権が提出した転換療法を禁止するC-4号法案を阻止できなかったことで、保守党を非難した。また彼は、ユダヤ=キリスト教の枠組みへの回帰と、世俗主義の終焉を呼びかけた。
 キャンペーン・ライフ連合のジャック・フォンセカ理事長は、党内左派が社会保守主義者を排除しようとしていると主張する。
「彼らは我々を排除しようとしている。これはレッド・トーリーがすることだ。レッド・トーリーは汚い。彼らは嘘つきで、フェアプレーを嫌っている。彼らは腐敗している。」
「それはただ、人々をマクシム・ベルニエと人民党の手中に追いやるだけだ。」
 立候補できた6人の中ではルイス議員が唯一の社会保守主義者で、性選択的中絶の禁止と中絶の犯罪化を主張している。フォンセカ氏は、彼女が唯一の望みだと語った。
「レスリン・ルイスを排除できるなら、彼らはそうするだろう。だが彼女はあまりに有名で、人気がありすぎる。彼女は、我々が信頼できるただ一人の候補だ。」
 エティエンヌ弁護士は、党から資金の支払いについてクレジットカードは認めない、また署名のいくつかは無効だと言われたと語った。だが無効と判断した理由については、説明されなかったという。
 選挙管理委員会のウェイン・ベンソン氏は、失格の判定は規則に基づくものであり、特定の信条によるものではないと説明した。
「いかなる候補についても、失格の理由について説明している。」
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

保守党党首選、9月10日に [保守党]

 保守党は3月2日、党首選を9月10日に実施すると発表した。立候補者は、4月19日までに届け出なければならない。
 出馬を表明しているのはピエール・ポワリビエール議員のみで、すでに議員たちの大半の支持を取りつけたとされているが、党内左派を中心にケベック州元首相のジャン・シャレー氏を推す声が上がっている。シャレー氏は、2020年党首選では出馬に乗り気だったが、選挙期間が短すぎたため断念した。今回も出馬を見込んで各方面と会談を重ね、選挙期間がどれくらいになるか見守っていたようだ。
 シャノン・スタッブズ議員は、シャレー氏が連邦自由党と歩調を合わせ、炭素税や長銃登録制を支持したことを批判した。
「私は、草の根の保守党員とともにいる。我々のリーダーは我々の価値を共有し、我々のポリシーを尊重しなければならない。私は炭素税と長銃登録制と増税に反対する。」
 ケベック連合のブランシェ党首は、ケベック州首相時代に汚職で捜査の対象となったシャレー氏が立候補すれば、ケベック州民が「後ろから襲いかかる」と警告した。
「うまいホッケー選手は、誰かが別の選手に後ろから襲いかかっている間にパックを運ぶ。」
 ケベック党前党首で政治評論家のジャン=フランソワ・リゼー氏は、保守党はイデオロギー的に分裂しており、一つはポワリビエール氏のような右派で、もう一つはシャレー氏のような左派だと指摘した。彼は、ポワリビエール氏とトランプ前大統領がフリーダム・コンボイを支持した点に注目した。
「党内には、親トランプ派と反トランプ派がある。」
「党首選は、保守党の精神を争うものになるだろう。」
 彼は「投票日が今日なら、ポワリビエールが勝つだろう」と述べ、左派が勝つには、できるだけ長い選挙期間においてできるだけ多くの党員を獲得する必要があると語った。

 そのほか、2020年党首選で本命視されながら落選したピーター・マッケイ元法務大臣は、再出馬を検討しているという。
 2017年党首選で5位に敗れたマイケル・チョン議員は、出馬の可能性を除外してはいないが、保守党の外交問題担当として第一に重要なのはウクライナ紛争への対応であり、そして「第2に重要なのは、私が党と国家を助けるために何ができるかを今後考えることだ」と語った。
 2020年党首選で3位に敗れたレスリン・ルイス議員は「党首選に向けてチームを結成している」と語った。
 ブランプトン市長でオンタリオ進歩保守党元党首のパトリック・ブラウン氏も立候補に前向きで、「我々はより長い選挙期間を望んでいて、近いうちに決定する」と語った。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

保守党幹部会、オトゥール党首を不信任 [保守党]

 保守党は2月2日、下院幹部会(119人)でエリン・オトゥール党首の信任投票を行い、信任45票・不信任73票(スコット・リード幹部会議長は投票せず)で不信任した。オトゥール党首は即日辞任し、幹部会はキャンディス・バーゲン副党首を暫定党首に指名した。暫定党首の任期は党首選終了までで、党首選の日程は未定。なお暫定党首は、党首選に立候補できない。
22604217_web1_SKP10181408.jpg

 2021年9月の総選挙で与党自由党は過半数を獲得できず、解散・総選挙はいつあるかわからない。保守党議員たちは、オトゥール党首のままで再度の総選挙に突入することに不安を覚え、主に党内右派を中心に党首降ろしの機会を狙っていたようだ。反対派は35名の署名を集め、信任投票を要請する文書を1月31日リード議長に提出し、2日に予定されている幹部会の会合で投票するよう訴えた。
 これを受けてオトゥール党首は、保守党には2つの道があると述べた。一つは「包括的で、楽観的で、多様な意見と希望」であり、もう一つは「怒れる、否定的で、極端な」道だと。彼は、前者は自分とともに前進する道であり、後者はデレク・スローンやランディ・ヒラーのような保守党を追放された極右とともに進む道であり、自由党に取って替わるよりむしろ抗議勢力となる「右の新民主党」への道だと語った。
 だが投票結果は、予想外の大差だった。リサ・レイト元副党首は、議員たちは定例の信任投票まで待つつもりもなければ、全党員の意見を聞く必要もないと考えていたのだろうと語った。
 ある保守党議員は、匿名を条件にこう語った。
「これは、彼が自分でしたことの結果だ。」
「彼は、幹部会に支持されることは何もしなかった。総選挙の後、議員たちの反応は、彼への支持ではなかった。それはむしろ、こういうものだった。『諸君、本当にもう一度こうしたいのか?』彼はその後も、彼らを味方につけるために何もしなかった。」
 オトゥール党首に近い匿名のベテラン議員は、今回の反乱は12月の議会を通過した転向療法(同性愛を病気とみなし、異性愛に「転向」するよう「治療」する行為で、医学的根拠はないとされる)禁止法案が原因だと説明した。彼によると、自由党政権提出の転向療法禁止法案に対し、保守党は抵抗せず、上下両院をあっさり通過させたばかりか、そのときオトゥール党首は議場になくラトビアを訪問していたので、いわゆる「転向療法派」、オトゥール党首の言う「極右」が激怒したのだという。
 妊娠中絶に反対する圧力団体「RightNow」のスコット・ヘイワード会長は、オトゥール降ろしを煽動したことを隠さなかった。
「我々は総選挙以来、改正法や党規約に依ると依らないとにかかわらず、議員たちや党評議委員たちや党員たちと、オトゥール氏を党首から引きずり降ろすために活動していた。」
 同じく中絶に反対する「キャンペーン・ライフ連合」のジェフ・ガンナーソン会長も、オトゥール党首への不満を並べ立てた。
「オトゥール氏は、妊娠中絶、LGBT問題、強圧的なロックダウン、有害なワクチンのための自由を破壊するパスポートに対する支持で、保守党の支持母体に対し背信行為を再三再四繰り返した。」
「このニセ保守派が、そろそろクビになってもいいころだろう。」
 マット・ジェネルー議員は、不信任票を投じたことをこう説明した。
「多くのカナダ人は、我々の立ち位置についてわかっていなかったと思うので、問題に関する二転三転が、信用を失うことにつながったと私は思う。」
 引退したトニー・クレメント元大臣は、党の将来を悲観した。
「保守党幹部会でこうなったことに、私は失望している。党は分裂し、混乱し、政権獲得の用意ができているにはほど遠い。」
 同じく引退したモンテ・ソルバーグ元大臣は、オトゥール党首が難問に直面し取り組んだことには同情すると語った。
「スティーブン・ハーパーはかつて、自分がこれまで務めた最悪の任務は最大野党党首だと言っていた。保守党は特にそうだと、私は思う。」
_2008261rtsr_g6c11bmtv_1.jpg



写真:キャンディス・バーゲン暫定党首(左)とエリン・オトゥール前党首(右)。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

党首不信任を呼びかけたバッター議員を除名 [保守党]

 保守党は11月16日、エリン・オトゥール党首の信任投票を呼びかけたデニス・バッター上院議員を幹部会から除名した。これにより上院勢力は、無所属の会43、保守党18、進歩上院の会14、カナダ上院の会13、無所属6、欠員11(定数105議席)となった。
website-eodb.jpg

 バッター議員は15日、党首の信任投票を求める嘆願書の署名をオンラインで集め始めた。そこには、オトゥール党首が炭素税・銃規制・良心の自由などの基幹政策について、明確な立場を示さなかったため都市部の議席を失ったと書かれていた。彼女はさらに、オトゥール氏は党首選では「本物のブルー・トーリー」と称していたのに、総選挙では左傾化し自由党と区別がつかなくなったと批判した。
「オトゥール党首は、同じ週、同じ日どころか、同じ文章の中でさえ党の方針を変えた。党員はそれに対し何の発言権もなかったが、彼のリーダーシップにおいて一致しなければならなかった。」
「我々は、我が党が引き裂かれるのを二度と見るわけにはいかない。我々が分断されるとき、自由党が勝つ。」
 党則では、総選挙で政権を獲得できず、かつ党首が辞任もしくは死去しなかった場合、最初の党大会で党首の信任投票が行われることになっているので、信任投票は2023年の党大会で実施される。だが党則は、党員の5%の署名があれば「いかなる問題についても」党員による投票を実施しなければならないと規定している。バッター議員の秘書は、オンライン嘆願書には1日で2000人の署名が集まったと発表した。
 いっぽうオトゥール党首を支持する議員たちは、反対派を挫くため、いわゆる「改正法」(カナダ選挙法とカナダ議会法を改正する法)の導入に賛同する議員24人の署名を集めたと発表した。これはマイケル・チョン議員が提出し2013年に成立させた法律で、党首の権限が強化される傾向がある中で、議員たちによって構成される幹部会に一定の権限を認めた法律である。各党は連邦議会の召集時に幹部会を開催し、改正法を導入するかどうかを投票で決める。導入される場合、幹部会は党首を不信任し、暫定党首を選任する法的根拠を得る。また特定の議員を幹部会から除名し、または加入させる権限を持つ。幹部会の20%が除名を求めるとき、幹部会は無記名投票を実施しなければならず、50%の同意があれば除名される。
 匿名の保守党議員は、オトゥール降ろしに加担する議員を除名することについて、すでに70人以上の同意を得た(保守党幹部会は下院119+上院19で計138人)と明かした。
 オトゥール党首は、改正法の導入について弁護した。
「マイケル・チョン氏が提出したときから、私は改正法を支持していた。私は2015年と2019年に賛成投票し、今日も導入するよう奨励した。」
 そして、除名の決断についても擁護した。
「カナダ保守党の党首として私は、個人的不信感や、堕落し壊滅的なトルドー政権を倒そうとしている保守党幹部会の努力に対し敬意を欠く態度を見せる行為を、容認することはできない。」
 メリッサ・ランツマン議員は「バッター議員は利口になった方がいい」と語った。
「我々は住宅危機、制御困難なインフレ、エネルギー問題と戦っている。それはまだ始まったばかりだ。これはカナダ人ではなく、ジャスティン・トルドーを助けることになる。」
 ミシェル・レンペル・ガーナー議員は、フェイスブックに次のように投稿した。
「私はこれに、非常にがっかりしている。自由党員が外に出て、シャンパンのケースを買い『デニス・バッターに乾杯』と祝っていると確信する。」
 バッター議員は、オトゥール党首は異論を封じ込めるため脅しを使っていると批判した。
「オトゥール党首が党員に支持されていると確信するなら、信任投票で民主的に党員の審判と向き合うことを、恐れる必要はない。」
 そして、オトゥール党首に異論を唱えているのは自分だけではないのに、自分だけが除名されたのはダブルスタンダードだと指摘した。
 マイケル・マクドナルド上院議員は10月4日、保守党議員たちに手紙を送り、オトゥール党首が中道寄りマニフェストを掲げたのは戦略的に誤りだと厳しく批判したが、幹部会を除名されてはいない。
「問題の一つは、総選挙終盤まで、党員証を持つ党員たちですら誰もエリンが何を主張しているかを知らなかったことだ。」
「彼は2017年党首選ではいくぶんレッド・トーリーとして戦い、2020年党首選では『本物のブルー・トーリー』として戦い、それから党首として党を左に寄せた。それゆえ人々は自問する。彼は何者なのか?中道のレッド・トーリーか、ブルー・トーリーか、それとも風向き次第で向きを変えるただの風見鶏なのか?と。」
 ある保守党議員は、オトゥール党首の報復を恐れ、匿名で語った。
「エリンにとって、これは終わりの始まりだろう。」
「これは、彼の弱さを示すものだ。真のリーダーなら『信任投票しようじゃないか』と言うだろう。自分にどれほどの支持があるかを見せるために。」
 彼はオトゥール党首を、民主化運動を抑え込むため戒厳令を施行したポーランドのヤルゼルスキに喩えた。
「彼は保守党の資金を用意し、党役員を用意し、公式野党党首のオフィスに就き、陰の内閣を組閣した。彼はそれらを、己の身を守るために用意した。だが彼は、民衆から自分を守ることはできない。」


写真:デニス・バッター上院議員(左)とエリン・オトゥール党首(右)。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

保守党内にオトゥール降ろしの動き [保守党]

 総選挙で最も多くの票を得たにもかかわらず、政権奪取に失敗したエリン・オトゥール党首に対し、保守党内部の評価は割れている。
 党役員のバート・チェン氏は、敗北が判明したその日のうちに、インターネット上でリーダーシップ・チェックを実施する嘆願書を公開し、4000人以上の署名を集めている。
 党の規約では「連邦議会総選挙後の最初の党大会において、党が政権を獲得せず、かつ党首が辞任する意向を表明しなかった場合」は、自動的にリーダーシップ・チェックが行われる。これとは別に、幹部会の20%の要求があるときは、リーダーシップ・チェックを実施しなければならない。不信任票が信任票を上回った場合、党首はその地位を失う。
 チェン氏の動きは党の規約に沿ったものではなく、保守党には、彼が役員の地位を濫用していると言う訴えも寄せられた。彼は10月14日、党員資格停止60日の処分を受けた。
 チェン氏は、多くの保守党員から「オトゥール党首に裏切られた」という声を聞いた。
「私は、カナダ人は整合性を重視すると思う。そして整合性とは、約束を守り、その上で一貫性を保つことだと思う。」
 党首選では保守党員だけが投票するが、総選挙は全有権者が投票する。そこで有権者の支持を得るため、保守党党首選では右寄りの政策を掲げ、総選挙では中道寄りに修正するというのはよくあることではある。オトゥール党首は党首選では「真のブルー・トーリー」と称し、均衡財政、自由党政権が掲げる炭素税や殺傷力の高い銃の禁止に反対と主張したが、総選挙が始まると掌を返し、自由党政権以上の財政出動と低炭素政策を打ち上げ、銃規制反対は単に撤回した。
 オトゥール党首は、右派有権者の多いトロント郊外を主戦場と見なし、ここに食い込むため中道寄りの政策を採ったのだろう。だがオンタリオでの得票は前回より改善されたものの、議席の大幅増にはつながらなかった。右派有権者の多い東部では、前回の4議席に対し今回は8議席で、トルドー内閣閣僚の3人を落選させる戦果を挙げたが、東部の議席は多くはない。むしろ、ワクチンの安全性に疑いを持つ右翼有権者を、人民党にごっそり奪われる結果となった。
 匿名の保守党議員は、オトゥール党首を明確に批判した。
「彼は総選挙を、自由党として戦った。議員からも党員からも、誰からの委任もなしに。」
「テレビ討論で彼を見るまで、どんな公約を掲げていたのか知らなかった」
「オトゥール党首は今回総選挙で、彼が進んだ道を行くことで極めて大きなリスクを冒した。そしてそのツケは、まだ支払われていない。彼は辞めるべきだ。」
 彼は保守党が今回総選挙で、都市議員や多様な議員を多く失ったことは「重大な懸念」だと述べた。
 シャノン・スタッブズ議員は、オトゥール党首は中道寄りマニフェストについて「厳しい質問」に直面するだろうと語った。
「現実は、2021年総選挙の後、保守党はより地方のものとなり、これまでより多様性を失ったということである。そして我々はこの国のあらゆる地域で、大都市の偉大な、強い、必要な同士を失った。」
保守党議員119人のうち、わずか7人が有色人種(BIPOC:Black, Indigenous or a Person of Colour)で、95%が白人である。総選挙前は、91%だった。自由党では、有色人種は30%以上となる。
 自由党は、カナダの最も大きな都市の25選挙区の全部に勝った。最も大きな都市の150選挙区では、73%に当たる109に勝った。保守党が勝ったのは23選挙区だった。
 カナダの3大都市MTV(モントリオール・トロント・バンクーバー)には、338選挙区のうち116選挙区があるが、自由党は74%に当たる86に勝った。保守党が勝ったのは8選挙区だった。
 保守党がより地方の、より白人のための党となり、多様性を失っていることは明らかだ。リサ・レイト元副党首のスタッフだったアンドリュー・ブランダー氏は、一度の敗北で党首を引きずり降ろすのは、危険な先例になると警告した。
「これは、最も多くの票と議席の3分の1を得た党首を引きずり降ろす2回目となる。」
 オトゥール党首のスタッフのメラニー・パラディ氏は、敵は党首ではなくトルドー政権だと強調した。
「保守党の内紛ほど自由党が好むものはない。」
「我々は、トルドー首相に戦いを挑むことに集中すべきだ。」
 オトゥール党首は、トルドー政権が過半数を獲得できなかった以上、もう一つの選挙は近いうちにあり、いつでも戦える用意があると語った。
「我々は、得たものから確認し、失ったものから学ぶ必要がある。どんなチームも、どんな家族も、失意のとき、そこから学び、一つにまとまる必要がある。」
「我々は、もう一度戦う準備ができていなければならない。」
 彼はトルドー首相が、新設された9月30日の「真実と和解の日」の祝日にブリティッシュコロンビア州トフィノで休暇を取り、批判された事実を挙げた。
「トルドー首相は、再選された最初の10日でカナダ人をすでに失望させたと思う。」
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

保守党党首選のルールを変更 [保守党]

 保守党は党大会で3月19日、党首選のルールを変更した。
 旧ルールでは、338選挙区は全て100ポイントを有していた。党員は属する選挙区で好きな候補に投票し、選挙区で最も多くの票を獲得した候補が、得票数に関係なく100ポイントを獲得した。新ルールでは、投票総数が100票に満たない選挙区では、最も多くの票を獲得した候補が投票総数に等しいポイントを獲得する。

 単純に票数で争うのではなく、地域性が考慮されているのは、カナダ同盟が進歩保守党を吸収合併して保守党が結成されたという経緯に原因がある。カナダ同盟は西部を基盤としていたが、老舗の進歩保守党は西部の基盤をカナダ同盟に奪われ、オンタリオと東部を基盤にしていた。保守党は両派の合同を維持するため、少数派の旧進歩保守党グループを尊重する必要があった。しかし新党結成から20年間、選挙区平等を維持しようとする旧進歩保守党グループと、これを廃止しようとする旧カナダ同盟グループのせめぎ合いが続いた。なお、進歩保守党出身者が保守党党首選に当選したことはない。
 だが新党結成から20年経過し、ほとんどの議員が「保守党」出身者となり、カナダ同盟や進歩保守党の出身者はほとんどいなくなった。選挙区平等ルールが維持されてきた真の理由は、むしろ別のところにある。
 自由党は地方よりは都市で、また人口の少ない西部よりは人口の多い中部で支持されている。このような党では、地域を考慮せず単純に最も多くの票を獲得した人を当選者にしていい。だが保守党は都市よりは地方で、中部よりは西部で支持されている以上、単純な票数で決めると、都市や中部の意見ばかりまかり通ることになってしまう。そこで党員の数に関係なく、各選挙区を平等に扱うことで、党員数の少ない選挙区に有利に働く制度を採用したのだ。

 新ルールは、オンタリオとアルバータでは80%以上の賛成、サスカチュワンでは90%以上の賛成を得て成立したが、プリンスエドワード島とニューファンドランド&ラブラドルでは80%以上、ニューブランズウィックでは64%、ケベックでは62%、ユーコン・ノースウェスト・ヌナブートでは60%が反対と、党員数の多寡で明確に分かれた。過去2回の党首選では、投票総数1000票を超える選挙区のほとんどがオンタリオと西部だったのに対し、投票総数100票に満たない選挙区のほとんどはケベックと東部と北部だった。
 今回のルール変更は、2020年党首選に適用すると、59選挙区に影響を与える。そのうちケベックが52選挙区、ニューファンドランド&ラブラドルが2選挙区、ニューブランズウィックが2選挙区、マニトバが2選挙区、ヌナブートが1選挙区である。ケベック州の投票は、2020年党首選では23.1%の価値があったが、新ルールを適用すると18.2%の価値になる。ただし2020年党首選に新ルールを適用しても、結果は変わらない。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

保守党、スローン議員を除名 [保守党]

 保守党は1月20日幹部会で投票を行い、デレク・スローン下院議員を幹部会から除名した。スローン議員は無所属議員となる。彼は2020年党首選に立候補した際、著名なネオナチ活動家ポール・フロム氏から131ドルの政治献金を受けていたことで非難されていた。
 オトゥール党首は、彼が社会保守主義だから除名するのではないと説明した。
「我々は、多くの国民と同様に、議会において異なる性質を持つ議員たちを抱えている。」
「保守党は、あらゆるカナダ人を反映する大きな組織である。あらゆるバックグラウンドを持つ人が、我が党に居場所を持つ。」
「保守党幹部会は、特定の一行動ゆえでなく、1年以上にわたり保守党に対し無礼かつ破壊的言動を続けてきたことにより、デレク・スローンの除名を可決した。」
「これらの行動は、党を発展させる我々の努力と、我々がするべき任務に集中するのを逸らすものである。先週の問題は、単に最後の藁に過ぎない。」
 スローン議員は、献金は「フレデリック・P・フロム」名義で行われており、気づかなかったと主張した。そして、フロム氏が正式に入党し党首選で投票した事実を挙げ、党のやり方は偽善だと批判した。だが保守党広報のコリー・ハン氏は、フロム氏を入党させたのはスローン陣営であり、保守党は後に彼の党員資格を剥奪し、献金と党費を返金したと反論した。
 スローン議員はさらに、自分が追放された真の理由は、影響力があるからだと語った。
「『駱駝の背を折った最後の藁』(筆者注※「堪忍袋の緒が切れる」を意味する慣用句)というのは本当だ。党大会の開催が迫る中、私は多くの党員を獲得しているのだから。」
 3月に開催される党大会で、スローン議員は右翼的綱領を採択させるため、右翼や社会保守主義者を勧誘しており、党員名簿を入手し自動電話をかけた疑惑を持たれ、党が調査している。

 2020年党首選は、本命のマッケイ候補だけが左派で、ほかの3候補は右派だった。1回投票するごとに一人ずつ脚切りされるシステムにおいて、敗退した候補の票を獲得するには、オトゥール氏は右翼的政策を訴える必要があった。実際オトゥール氏は、スローン議員の数々の問題発言を、一貫してかばって来た。だが党首選は保守党員だけが投票するのに対し、総選挙は全国民が投票する。そこでオトゥール党首は、党首選では当選するため右寄りの政策を訴えても、総選挙では中道寄りに軌道を修正する必要があるだろう。
 スローン議員やルイス候補は、トランプ人気に便乗しトランプ・マニアの票を獲得するためわざと過激な主張をしていた形跡がある。だがトランプ氏は、議会暴動を扇動した疑いで弾劾訴追され、20日に退任した。一部の人々を熱狂させたトランピズムに終わりが見え、自由党が保守党にトランピズムのレッテル貼りを仕掛けるに至り、オトゥール党首はトランピズムとの訣別を宣言する必要に迫られた。彼は17日、議会暴動を「おぞましい」と非難したうえ、中絶容認・LGBTの権利・先住民との和解促進を宣言する声明を発表し「我が党に極右の居場所はない」と断言した。スローン議員の献金問題が報じられたのは、その声明発表の直前だった。

 2020年4月には、中国系のテレサ・タム公衆衛生局長に対し「カナダと中国のどちらのために働くのか」と問うて、党内で除名騒ぎに発展したが、このときは除名されなかった。
 だが12月には、連邦議会でオトゥール党首が政府に「コロナ・ワクチンの配布が遅い」と批判していたとき、スローン議員はワクチンの危険性を訴え、党首の面目を丸つぶれにした。

EsVqZLAWMAAlG_q.jpg

図:「女性差別」「ホモ差別」「人種差別」、3つ揃うと保守党から除名。ほかの議員たちは一つか二つなのでセーフwwww
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

オトゥール党首、影の内閣を発表 [保守党]

保守党のエリン・オトゥール党首は9月8日、影の内閣を発表した。
副党首にキャンディス・バーゲン元社会開発大臣、下院院内総務にジェラール・デルテル元ケベック民主行動党党首を任命した。
アンドリュー・シーア前党首はインフラ・地域社会担当に、新型コロナ対策で注目の厚生担当はミシェル・レンペル・ガーナー元西部経済多様化大臣が就いた。
EhZCiA5WoAAaB-f.jpeg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

保守党党首にオトゥール:社会保守主義、存在感を示す [保守党]

 保守党党首選の集計結果が8月24日に確定し、エリン・オトゥール元退役軍人大臣が当選した。
 投票は21日に締め切られ、ただちに開票作業に入ったが、封筒が前回党首選より小さかったため、集計機が中の投票用紙を大量に噛んでしまい、手作業の集計となったことから、23日夕方に発表する予定が24日早朝にずれ込んだ。

 事前の予想では、マッケイ候補がリードするのをオトゥール候補が追う展開で、ルイス候補とスローン候補は泡沫候補と見られていたが、予想に反し前者3名の接戦となった。今回は保守党の根拠地である西部から候補がなく、マッケイ候補は東部、あとの3人はオンタリオ出身だった。またマッケイ候補だけがレッド・トーリー(保守左派)だったのに対し、あとの3人はブルー・トーリー(保守右派)だった。ゆえにマッケイ候補は、第1回投票で40%の獲得を目指していた。回が進むごとに最下位候補を足切りする方式なので、脱落した候補の票が自分以外に取り込まれる可能性が高いからだ。だが第1回投票の実際の得票は、マッケイ候補30.3%、オトゥール候補29.4%、ルイス候補24.7%、スローン候補15.6%となった。マッケイ候補は東部では強さを発揮したが、アルバータとケベックではオトゥール候補に大差をつけられた。
 スローン候補脱落を受けて、第2回投票で彼の票の3分の2は同じ社会保守主義のルイス候補に流れた。だが21%はオトゥール候補に流れたので、票数ではルイス候補35.2%、オトゥール候補33.2%、マッケイ候補31.6%となり、あっと驚くルイスの首位となったが、ポイント換算するとオトゥール候補35.2%、マッケイ候補34.8%、ルイス候補30.0%となり、オトゥール候補が首位となった。
 ルイス候補が脱落したが、彼女の支持者の3分の1は第3候補を選択していなかったため、第3回投票では無効票となった。残りの人々の5分の4は右派のオトゥール候補を第3候補としたため、オトゥール候補57.0%、マッケイ候補43.0%でオトゥール候補の当選が決まった。

 前回党首選では、本命視されたベルニエ候補があまりに斬新な改革案をぶち挙げたため、社会保守主義の票が知名度の低いシーア候補に集まり、ダークホースを当選させた。最終的にシーア候補を支持したトロスト候補やルミュー候補らは、今回は同じ社会保守主義のスローン候補やルイス候補を支持し、彼らが脱落すると最終的にオトゥール候補支持に回り、当選の原動力となった。2018年のオンタリオ進歩保守党党首選でも、社会保守主義はターニャ・グラニック・アレン候補を支持し、彼女が脱落するとダグ・フォード候補支持に回って、レッド・トーリのクリスティン・エリオット候補を破っている。社会保守主義は、今回党首選でも底力を見せつける結果となった。なお、カナダ同盟と進歩保守党が2003年に合併して成立したカナダ保守党の党首選は、全て右派が勝利しており、左派または進歩保守党出身者は一度も勝利していない。

 オトゥール候補は党首選に勝つため、「カナダを取り戻す」などの右翼的主張を繰り返した。だがカールトン大学で政治学を教えるジョナサン・モロイ教授は、総選挙に勝つには幅広い支持が必要で、党首選とは事情が違うと指摘した。
「スローン候補とルイス候補は、社会的保守主義陣営の反発力を示した。それでも彼らは、党内ではおそらく少数派で、一般市民の間では確実に少数派だ。」
「ハーパーは、社会保守主義の問題を党内で封印し、彼らを相手にしないことで効果的に党を率いた。シーアも、同じようにしようと努めた。だが世論は予想以上に進歩し、LGBTの問題を避けて通ることは彼には許されなかったが、社会保守主義の後押しで当選した彼には、社会保守主義を無視することが難しかった。」
 当選したオトゥール氏は、幅広い勢力の結集を訴えた。
「あなたが黒人だろうが白人だろうがブラウンだろうが、いかなる人種であろうが信条であろうが、LGBTだろうが異性愛者であろうが、先住民だろうが3週前の移民だろうが3代前の移民だろうが、うまくやっていようが何とかやっていようが、礼拝を金曜にしようが土曜にしようが日曜日にしようが一切しまいが、あなたはカナダの重要な一部であり、カナダ保守党に居場所がある。」
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

保守党党首選、ルイス氏が台風の目 [保守党]

 アメリカでは8月11日、カマラ・ハリス上院議員が副大統領候補に指名された。女性として3人目、黒人では初めてである。
image003.jpg

 保守党党首選には4人の候補が立候補し、うち閣僚経験があり知名度の高いピーター・マッケイ元法務大臣とエリン・オトゥール元退役軍人大臣が本命と対抗と見なされているが、政治評論家の中にはレスリン・ルイス候補を台風の目と指摘する声がある。マル/ブルー社が7月28日に実施した支持率調査では、マッケイ候補51%、オトゥール候補25%、ルイス候補16%、デレク・スローン候補8%となっており、ルイス候補の人気が急上昇している。保守党は西部の、田舎の、白人の、男性の党だと思われているが、彼女はトロント出身の黒人で女性である。
 彼女は2015年下院選に落選したことを別にすれば、政治経験のない新人である。社会保守主義を自称するが、大学院で環境学を学んだ彼女は、討論会で単に炭素税に反対するだけではなく、代替プランを提示してみせた。同じ社会保守主義のデレク・スローン候補が過激な発言で評判を落としたことから、彼の支持者が今後ルイス候補に流れて行くものとみられる。これにより、彼女がオトゥール候補を上回り2位になることは夢ではない。2位になれれば、次の次を狙う人としてその株は急上昇することになるだろう。もし、スローン候補脱落前の第1回投票で2位につければ、あっと驚く大波乱が起きるかもしれない。
 ハーパー首相の相談役だったデニス・マシューズ氏は、彼女が保守党を刷新したいと思う党員たちを惹きつける可能性を指摘する。
「マッケイ氏とオトゥール氏は、保守党がここ20年間歩んで来たスタイルそのもので、何の新鮮味もない。保守党員の全員が社会保守主義ではなく、党員たちは彼女の意見に同意しないかもしれないが、彼女が何かを変えてくれると期待するかもしれない。」
 保守党党首選は21日に郵便投票が締め切られ、集計が終わりしだい結果が発表される。
image001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

オトゥール議員の「カナダを取り戻す」が話題に [保守党]

 保守党党首選に立候補しているエリン・オトゥール議員は、6月10日にマニフェストを発表したが、スローガンの「カナダを取り戻す」(Take Canada back)が話題になっている。
 インターネットでは、様々な疑問や揶揄の声が挙がった。
「この国はあなたのものではない。」
「人種差別が問題になっているこの時期に、いったいカナダが誰に奪われたのか、はっきりさせてほしい。」
「カナダを取り戻すと言えるのは、先住民だけだ」
「エリン・オトゥールは、誰からカナダを取り戻すのか。ほかのカナダ人から?移民から?自由党から?左翼から?いったい彼は、カナダが誰に奪われたというのか?」
 またある人々は、それをトランプ大統領の「偉大なアメリカをもう一度」(Make America Great Again)と似たようなものだと考えた。作家のマリッサ・メルトン氏は2017年「トランプ氏の言葉は、それを人種差別的と捉えた人々の心には響かなかったが、別の集団の跋扈によって地位を奪われたと感じる人々の心には響いた」と語った。
 ハフィントン・ポスト紙は、オトゥール議員の事務所にスローガンの具体的意味について問い合わせたが、返答はないという。

 日本では2012年の総選挙で、安倍晋三総裁率いる自民党が「日本を取り戻す」のスローガンを掲げて圧勝している。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

シーア党首「米市民権を放棄しない」 [保守党]

 保守党のアンドリュー・シーア党首は5月17日、アメリカ市民権をまだ保持しており、それを放棄するつもりはないと語った。
 彼は2019年の選挙期間中に、カナダ首相の座を目指す以上、アメリカ市民権を放棄する手続きに入っていると公言した。だが総選挙敗北を受け、党首辞任を表明した以上、首相になる予定がないため、保持することにしたという。
 彼は2005年、フランス国籍を持つミカエル・ジャン総督が就任したとき、ブログに「彼女が二重国籍だったら、あなたは困るだろうか。彼女がフランス国籍でなくアメリカ国籍だったら、あなたは困るだろうか」と書いているが、これについて、ジャン氏を非難する意図はなく、読者に問いかけただけだと弁明した。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

アンブローズ前党首、党首選出馬せず [保守党]

 ロナ・アンブローズ前暫定党首は1月22日、保守党党首選に立候補しないとフェイスブックで発表した。
「我々が、強く、哀れみ深く、全ての家庭をサポートする人をリーダーに選ぶことを知っている。低い税と少ない規制を通して、民間セクターの可能性を誘発し、普遍的人権と基本外交政策を守るリーダー。」
「何にも増して保守党は、党首は全てのカナダ人に奉仕するものだと理解している人を選ぶ必要がある。」
「我々は良いリーダーを選ぶだろう。そして私は、その人を支える。」
 彼女のメッセージは、次の党首は特定の国民を排除しようとしたシーア党首のようであってはならないと言っているかのようだった。

 右に寄りすぎてなく、穏健な保守と見なされた彼女は、自由党に勝てる党の顔として多くの人々から出馬を期待された。ジェイソン・ケニー首相(アルバータ州)、ブレイン・ヒッグス首相(ニューブランズウィック州)、ブラッド・ウォール元首相(サスカチュワン州)ら重鎮たちからも、出馬を求めるラブコールが挙がっていた。いっぽう大物候補の脱落は、出馬を躊躇していた新たな候補の出馬を促すことになるかもしれない。
 マリリン・グラデュ議員、ピエール・ポワリエーブル議員、エリン・オトゥール議員、デレク・スローン議員の4人が、すでに立候補を表明している。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

シャレー元州首相、党首選出馬を断念 [保守党]

B881015282Z.1_20200117072408_000_G6NRTS7O.2-0_Super_Portrait.jpg

 ケベック州元首相のジャン・シャレー氏は1月21日、保守党党首選立候補を断念すると発表した。
 2019年12月にシーア党首が辞任を表明すると、シャレー氏は直後に「立候補を考慮する」と発表した。だが彼は党首選規則と、保守党の変容と、家庭生活を理由に挙げて不出馬を表明した。
 彼は1998年まで、進歩保守党党首を務めていた。だが彼はその後ケベックの州政治に転進し、中道右派の進歩保守党は右翼のカナダ同盟に吸収された。こうして新たに結成されたカナダ保守党は、社会保守主義者が中絶や同性愛反対を声高に叫ぶ党になっていた。
「保守党は私が1998年に去ったころから、大きく変わった。社会問題に関する私のスタンスは、深い信念に基づくものだ。」
 彼が次に挙げたのが、党首選出馬のハードルが高いことだった。立候補申し込み書類を2月27日までに提出し、21日以上前から党員である支持者3000人分の署名を3月25日までに集め、登録料20万ドルを支払い保証金10万ドルを預けなければならない。
「党が設定した党首選規則は、外部の候補には敷居が高い。最終期限は、非常に短い。」
 こうして彼は3つの理由を挙げたが、ほとんどの人はその話を真に受けてはいない。カナディアン・プレスは最近、首相時代の企業献金について彼が汚職の嫌疑で調査の対象になっていると報じた。だが彼は21日、汚職疑惑が立候補断念の理由ではないとわざわざ弁明した。
le-coup-de-crayon-du-15-janvier.jpg

 雑誌「マクリーン」は先週、ハーパー前党首(前首相)が保守党の財務委員を辞任したと報じた。同誌によると、ハーパー氏はシャレー氏に支援を求められたが、断ったという。保守党の財政を握っているハーパー氏は、シャレー氏を次の党首として好ましくないと考え、党の公職から身を引くことで、別の誰かを公然と支援できるようになるのだと解説した。


図上:党首選出馬を噂されているのは、1993年党首選に出馬したジャン・シャレーと、2003年党首選に出馬したピーター・マッケイ。まさか、1976年党首選に出馬したジョー・クラークは出ないでしょうが。
図下:「バック・トゥー・ザ・ポリティック」。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

逆風にさらされる社会保守主義 [保守党]

 妊娠中絶に反対する保守系圧力団体「キャンペーンライフ連合」のジェフ・ガンナーソン理事長は、保守党党首選で支持する候補を探している。それは、中絶に関し「議論するだけの十分な合理的理由がある」と主張してくれる人である。
「我々には、意中の人が何人かいる。だがそのうちの誰も『出馬する』と言わない。」
 キャンペーンライフ連合は2017年党首選で、中絶非合法化を明確に訴えるブラッド・トロスト議員を支援し、4位に着けることに成功した。彼の敗退後は、残った候補の中で最もましと思われるアンドリュー・シーア議員を支援し、当選させた。そのような経緯から、シーア党首は個人的には中絶や同性婚に反対するという社会保守主義的態度を取ったが、それらの法制化には反対するというハーパー前党首と同じスタンスを取った。彼のそのような前時代的スタンスが、総選挙で多くの票を逃したと見なされ、社会保守主義者たちも強い批判にさらされている。党内ではもはや、社会保守主義的議論を封じ込めようとする気運すら高まっている。
 メディアでは有力な候補として、ロナ・アンブローズ前暫定党首、ピーター・マッケイ元法務大臣、ジャン・シャレー元ケベック州首相、エリン・オトゥール議員、ピエール・ポワリエーブル議員らの名が挙げられているが、保守党左派ばかりであり、その中でキャンペーンライフ連合に最も都合のいい人はポワリエーブル議員だろう。だがガンナーソン理事長は「私は彼の立ち位置について、よく知らない」と言う。
 彼はまた、近年の保守党が、何の議論もなしに社会保守主義的政策を封じ込めてきたと語った。
「マスコミやレッド・トーリーはしばしば、我々は声すら上げてはならないかのような圧力をかけて来た。それはおかしい。」
 2018年にオンタリオ進歩保守党党首選に立候補した著名な社会保守主義者のターニャ・グラニック・アレン氏は、社会保守主義はまだ党内で影響力を持っていると語った。
「特定の問題を封じ込める権利が、誰かにあるとは思わない。」
 彼女はオンタリオ進歩保守党で、社会保守主義がしばしば無視されたと証言した。そして次の保守党党首選では、あらゆる問題が議論され、その中で最善の考えが当選すべきだと語った。

 ハーパー前首相の側近だったリシャール・デカリ氏は、シャレー氏の立候補の噂を聞き、彼の当選を阻止するため立候補するという。
 彼は、妊娠中絶への扶助を廃止し、教会での結婚のみを正式な婚姻とすることを訴えている。シャレー氏については、左に寄りすぎているという。
「保守主義とは、過去の社会は良かったと敬意を払うことだと、私は思う。」
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

保守党党首選、6月27日に [保守党]

 保守党は1月3日、6月27日にトロントで党首選を行うと発表した。
 党首選管理委員会のダン・ノーラン委員長は、党員の圧倒的多数は、できるだけ早期の党首選を望んでいたと説明した。
「自由党少数政権がいつでも打倒可能な状況にあって、我々には最大野党として、できるだけ早くその用意をする義務がある。」
 管理委員会には、党首選に関するあらゆる規則を作る任務がある。日付の次は、立候補の条件を設定しなければならない。2020年党首選では、立候補するには党員3000人の署名と登録料30万ドルの支払いが求められることになりそうだと、党内事情通は語った。2017年党首選では、署名300人分と登録料10万ドルだった。なお登録料は、候補が規則に従い公正な選挙を行ったときは、半額は払い戻される。
 皮肉なことに、党首選はトロントのプライド・パレードと同日に行われる。その日辞任するシーア党首と、その日就任する新党首は、どちらもパレードに参加しないだろう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

保守党党首選、来年11月に [保守党]

 保守党は12月20日、2020年4月にトロントで開催する予定の党大会を延期し、11月中旬にケベックで開催すると発表した。党首選もこのとき実施され、それまではシーア党首が留任する。
 連立する習慣のないカナダでは、少数政権がしばしば成立したが、その多くは1年と続かなかった。三大野党が協力すればいつでもトルドー内閣を打倒できるのに、最大野党が暫定党首では、新政権を樹立できない。保守党内では、このままでは戦えない、4月より前に党首を選任すべきだという声も挙がった。だが党首選立候補には、7つ以上の州・30以上の選挙区から推薦人300人以上の署名が必要だという党則があり、短期間での党首選開催は難しかった。
 カナダ同盟と進歩保守党が合併して成立したカナダ保守党は、実際には雑多なグループの集合体だった。初代党首のハーパー(後の首相)は、選挙に勝つことだけを考え、党綱領は両党のものを足して2で割ったようなものにした。そして自分が党首の間は、同性婚廃止や中絶非合法化といった、党を分裂させそうな問題を封じ込めた。だが彼が引退すると、13人が党首選に出馬し、実は雑多なグループの寄せ集めであることが明確になった。
 全国評議会のゼハビ・ジノバーグ氏は、党首選について次のように述べた。
「我が党は、大きなテントだ。それは、社会保守主義から財政保守主義やレッド・トーリーまで、異なる保守のグループから成る。次の党首がそれらのグループを一つにすることができるなら、我々にはトルドー首相を破る大きな可能性がある。」
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

シーア党首が辞意を表明 [保守党]

 保守党のアンドリュー・シーア党首は12月12日、下院での演説で党首を辞任する意向を表明した。次の党首が選出されるまでは職にとどまり、また「当面は」下院議員を続ける。

 (1) 若くて古い人
 トルドー首相に関するあまりに多くのスキャンダルがあるにもかかわらず、そして支持率では自由党を上回っていたにもかかわらず、シーア党首は勝ちきれなかった。彼は若いのに、同性婚や妊娠中絶などの社会問題について徹底的に守旧派であり、プライド・パレードの行進に主要政党党首で唯一参加しなかったため、テレビ討論ではそれらの社会問題について追及され、国民が真に望んでいた経済などの問題に焦点を当てることに失敗した。「笑顔のあるハーパー」と呼ばれた彼は、予算の均衡、減税などハーパー首相の政策を忠実にコピーし、地球温暖化対策を提示することすらしなかった。そして総選挙敗北にもかかわらず、彼は方針を改めようとせず、スタッフも刷新しようとしなかったため、党内では公然と辞任を要求する声が挙がっていた。
 カナダの政治的潮流は、ハーパー時代から大きく動いている。今では信じがたいことだが、そのころの自由党には中絶反対の議員がいた。トルドー氏が党首となってから、中絶反対派は公認しないと決めたので、いなくなったのである。今では保守党は、2016年に同姓婚廃止を綱領から削除したものの、中絶反対を表明する唯一の主要政党である。国民の中にそのようなニーズがある以上、また保守党が保守派である以上、何も変える必要はないとシーア党首は判断したのだろう。
 だがトルドーは2015年総選挙で、財政赤字を恐れず景気を刺激すると発表し、政権を奪取した。彼は首相として初めて、プライド・パレードで行進した。反対の声が挙がっても、炭素税を導入した。トルドー首相に叩けば出る埃が多くあった以上、もう少しましなポリシーを掲げもう少しましな戦略を練れるリーダーだったら保守党は選挙に勝てたかもしれないと、人々は考えただろう。
 シーア党首は総選挙以降、彼がトルドー政権に最初の一撃を加え、その終焉を早めたと主張した。彼は辞任を公表した下院での演説で、こう述べた。
「私はこの党を信じている。私は我々の動向を信じている。そして私は、選挙の後で我々が政権に就くと信じている。」
 25歳で下院議員となり、史上最年少の32歳で下院議長を務め、38歳で党首に就任した彼は、40歳の若さでそのキャリアを終える。終わった時代のアジェンダに固執した人として。
 レジェ・マーケティング社による世論調査は、新民主党支持者が議席を減らしたシン党首について、留任すべきが87%・辞めるべきが6%だったのに対し、保守党支持者が議席を増やしたシーア党首については、留任すべきが48%・辞めるべきが40%という対照的な結果を示していた。全てのカナダ人の間では、シン党首は留任すべきが52%に対し、シーア党首は留任すべきはわずか24%だった。

 (2) シーア党首は家族を理由に挙げた
 シーア党首は先々週、帰宅すると息子の一人と話した。野党第一党党首は公職で、オタワに公邸が用意されていることから、妻と5人の子供たちとともにリジャイナから転居した。子供たちも転校を余儀なくされたが、多忙な日々の中で彼は、自分がいかに子供たちの状況を理解していないかを気づかされたという。
 彼は下院でこう演説した。
「私は同僚たちに、常に誠実だった。私は誰にでも、常に誠実だった。そして前途にある負担が家族にかかることを知りながら、100%の完全な平安を保証をすることができなかった。」

 (3) 経費私的流用問題
 シーア党首は辞任を公表する前に、12日午前の臨時幹部会でその意向を保守党議員たちに表明している。実は前日11日にも幹部会が招集され、その日辞意を表明するつもりでいたが、アメリカ・メキシコとの新しい貿易協定に関する情報が入って来て、その対応について協議したため、言い出せなかったという。それで翌12日に臨時幹部会を招集し、辞任を発表したのだという。
 だが匿名の情報源は、異なる筋書きを説明する。党はシーア党首の転居費用を負担することになっていたが、子供たちをオタワの私立校に通わせるための授業料まで負担させていたことが10日に発覚した。シーア党首の側近は、彼の党首就任時に党重役たちに承認されたことであり、問題はないとしているが、党の経理担当者は知らされていなかったという。「最小限」とされた費用は、実際には数千ドルにも達していた。この件が極秘情報だったことは明らかであり、党中枢の誰かがシーア党首を追い落とすためにマスコミに暴露したのは確実だった。
 ハーパー前首相の側近だったジェニー・バーン氏は、「擁護できない」と明確に非難した。
「党の経費で子供を私立校に入れた党首など、私は一人も知らない。」
「皆は、これが不適切で容認しがたいと感じている。これらは転居費用でなく、生活助成金である。」
 ジャン=ギ・ダジュネ上院議員も、シーア党首は経費を払い戻すべきだと力説した。
 シーア党首の事務所は、授業料問題が辞任の理由ではないという声明を発表した。党経理担当は、辞任発表まで授業料問題を知らず、調査を開始しようとしたとき「偶然にも」辞任が発表されたと、わざわざ説明した。
past-conservative-leaders-from-election-defeat-to-resignation.jpg

 (4) 後任は誰か
 サッチャーやコールのような長期政権の後は、後継者が頼りなく見られるのか、野党に転落している。池田や佐藤のようなリーダーは後継者を育てているが、「安倍の次は安倍」などと言われている人は、引退後はどうするつもりだろうか。
 ハーパー前党首(前首相)は、引退後を引き継ぐ後継者を育てるのではなく、自分の立場を脅かしそうなナンバー2を次々と排除した。そのため有力な後継候補はみな政界引退に追い込まれ、後継党首は閣僚経験もない38歳のシーアだった。
 ナンバー2と言われてきたジム・プレンティス元環境大臣は、引退して銀行家となり、後にアルバータ州首相になったが、事故死した。ジョン・ベアード元外務大臣も、突如引退した。ジェームズ・ムーア元産業大臣も、息子の病気を理由に引退し、法律事務所で働いている。
 本人が何度否定しても、その都度党首の座を狙っていると言われ続けているピーター・マッケイ元外務大臣も、結婚して「家庭の事情」を理由に突如引退し、弁護士を務めている。シーア党首の辞任発表で、彼はまたしても大本命と言われている。
 2017年の党首選を沸かせたケビン・オリアリー氏とマクシム・ベルニエ氏は、ともに党首選出馬の噂を一蹴した。ベルニエ氏は人民党党首であり、骨肉の総選挙を戦ったばかりである。
 ハーパー政権の「影の実力者」ジェイソン・ケニー元国防大臣は、アルバータ州首相になったばかりで、考えていないという。オンタリオ州のダグ・フォード首相も、興味がないと語った。
 穏健派のエリン・オトゥール元退役軍人大臣は、2017年党首選で3位になり、有力視されている。
 リサ・レイト前副党首も有力視されているが、同じ選挙区に金メダリストのアダム・バン=コーバーデンがいて落選中である。
 マイケル・チョン元政府間関係大臣は、2017年党首選で5位に敗れている。
 ブラッド・トロスト前議員は、著名な社会保守主義者で、妊娠中絶非合法化を今も主張し続けている。2017年党首選で4位に敗退したが、党内基盤の弱いシーア氏を支持し当選させた。シーア党首が社会保守主義的政策に固執したのは、トロスト氏ら社会保守主義者に支えられているからであり、総選挙敗北の元凶と見られている今、当選への道は険しい。保守党は近い将来、妊娠中絶非合法化を放棄し、従来型の社会保守主義者は居場所を失うのではないだろうか。
 彼は党首選で、党員リストを外部に漏洩した疑惑を持たれ、選挙区での予備選で落選し総選挙に立候補できなかった。
 オンタリオ州のキャロライン・マルローニ運輸大臣は、ブライアン・マルローニ元首相の娘で、名を挙げられている。2018年のオンタリオ進歩保守党党首選で、彼女は政治歴がないのに立候補を要請され、3位となった。
 ミシェル・レンペル・ガーナー前西部経済多様化大臣の名を挙げる人もいる。彼女は妊娠中絶や同性婚に寛容な「ピンク・トーリー」で、社会保守主義が強い批判に晒されている今はチャンスと言えようが、39歳と若く、これからの人だろう。
 リオナ・アレスレフ副党首は、自由党から移籍してまだ日が浅い。シーア党首から副党首に抜擢されたが、プライド・パレードに参加しない彼をかばおうとして「(アイルランド人の)セント・パトリック・デーの祭に参加を強制する人はいない」と発言し、一昔前には差別されていたアイルランド人を、現在差別されているLGBTに譬えたことを批判され、謝罪した。
5df3e446240000f10c5a341d.jpg

 サスカチュワン州で長期保守政権を築いたブラッド・ウォール前首相は、何度も連邦保守党党首の地位を打診され、その都度断り、引退して2年経つが今でも名を挙げられる。彼は出馬を否定したが、ロナ・アンブローズ前暫定党首の出馬を望むと語った。
 2015年総選挙敗北を受け、暫定党首に就任した彼女は、党首選を無事に終わらせると政界を引退した。彼女はまた、プライド・パレードに参加した初の(連邦)保守党党首である。任期中には、先住民の女性が多数行方不明になっている問題について、ジョディ・ウィルソン=レイボールド法務大臣に会い「できることは何でもする、これは党派を超えた問題だから」と言って協力を約束した。また新任の裁判官に性的暴行プログラムの履修を義務づけたのは、彼女が個人提出した法案が成立したものである。
 ウォール氏は、党派に固執しない彼女が党首なら、党は結束できると語った。
「党は、社会保守主義的問題に集中しない。彼女は彼らに対し、異なる姿勢をとる。」
「我々は、経済問題に立ち返る。」
 西部の疎外感が原因で、西部分離主義「ウェグジット」が盛り上がる兆候を見せている。ウォール氏はそれを抑えるためにも、アルバータ出身のアンブローズ氏が適任だと推薦した。
 自由党もまた、彼女を高く評価している。トルドー首相は、アメリカ・メキシコとの貿易協定の顧問団に、彼女を加わえた。首相が彼女を駐米大使に任命するという推測もある。


図上:保守政党党首の、総選挙敗北から辞任までの日数。
写真下:ブラッド・ウォール前首相(左)とロナ・アンブローズ前暫定党首(右)。
nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:地域

シーア党首は生き残れるか [保守党]

 総選挙後最初の保守党幹部会が、11月6日に召集された。この席で、リーダーシップチェックを要請する権限を幹部会に与える党則改正が採決され、否決された。これにより、リーダーシップチェックは2020年4月の党大会で実施されることになり、シーア党首はそれまで留任できることがほぼ確実になった。
 シーア党首は総選挙で議席を増やしたが、与党に多くのスキャンダルがあり、得票率1位だったにもかかわらず政権奪取できなかった。特に、議席の多いオンタリオとケベックで惨敗したことで、そのリーダーシップを疑う声が大きくなっていた。
 リーダーシップチェックは、全党員が参加できる党大会で実施するのが通例だが、保守党はこの日、幹部会(上院議員と下院議員)の20%の要請があればリーダーシップチェックを実施できるとする党則改正について採決した。これは、シーア党首をただちに引きずり降ろしたいと憤る議員が何人かいることを示している。
 ガーネット・ジェニュイス議員は、この動きを疑問視した。
「私は、この種の問題について幹部会がルールを覆すことは支持できない。次の党大会でリーダーシップチェックがあるから、幹部会のメンバーではない党員たちの意見を尊重すべきだ。」
 だがケベックの上院議員たちは、前日独自に会談の場を設けていた。シーア党首は最初のフランス語討論で、保守党政権になれば妊娠中絶非合法化の議論が再開されるのかと問われると「その問題は『発展したまま』にしておく」などと不明瞭で歯切れの悪い答弁に終始した。ジャン=ギ・ダジュネ上院議員(ケベック代表)は、最初のフランス語討論はケベックの保守党にとって「壊滅的」であり、シーア氏が党首のままではケベックで勝てないと断言した。クロード・カリニャン上院議員(ケベック代表)も、シーア党首を含め執行部が変わらないかぎり、ケベックとオンタリオの主戦場で勝つことは難しいと語った。
「ケベックでは、我々の選挙は最初の週で終わっていた。」
EILEqICXUAIr3Ow.jpeg


 シーア党首は総選挙に敗北した夜、支持者に語った。
「2004年の、ハーパー党首最初の総選挙を思い出せ。」
「彼はマーチン首相から過半数を奪い、その後10年間の保守党政権への道を拓いた。」
 最大野党党首が最初の総選挙で負けることは、珍しくない。シーア党首は、最初の総選挙に負けた15人目の最大野党党首である。この中には、ウィルフリッド・ローリエやロバート・ボーデンのような、後にお札の肖像になるほどの名宰相たちも含まれる。もちろん、一度も勝利できず総理の椅子を手に入れられなかった多くの人々も含まれている。
 最初の総選挙に負けた最大野党党首15人のうち、1人はケベック連合のジル・デュセップ党首である。ケベック連合はケベック州にしか候補を立てないので、絶対に過半数を獲れない。彼は1997年総選挙で44議席を獲得し、野党第2党に転落したが、ケベックでは第一党を維持し、留任している。
 15人のうち6人は、2度目のチャンスを与えられなかったか、もしくは自ら放棄した。ロバート・マニオン(国民保守党、1940年)、ジョン・ブラッケン(進歩保守党、1945年)、ストックウェル・デイ(カナダ同盟、2000年)、ステファン・ディオン(自由党、2008年)、マイケル・イグナティエフ(自由党、2011年)、トム・マルケア(新民主党、2015年)である。
 15人のうち7人は、2度目のチャンスを与えられた。そのうち5人は、2連敗を喫した。エドワード・ブレイク(自由党、1882年と1887年)、ロバート・ボーデン(保守党、1904年と1908年)、ジョージ・ドリュー(進歩保守党、1949年と1953年)、レスター・ピアソン(自由党、1958年と1962年)、ロバート・スタンフィールド(進歩保守党、1968年と1972年)である。
 3度目のチャンスが与えられたのはわずか3人で、ボーデンは1911年、ピアソンは1963年に三度目の正直で勝利し、総理の椅子を手に入れた。スタンフィールドは1974年に3度目の敗北を喫し、辞任した。
 シーア党首が言おうとしている、最大野党党首として最初の総選挙に敗れはしたが、二度目には勝利した例は、2人しかいない。スティーブン・ハーパー党首は2004年の最初の総選挙に敗れたが、2006年に勝利した。ローリエ党首は1891年、最初の総選挙でマクドナルド首相に敗れたが、1896年に勝利した。
 最初の総選挙に負けた最大野党党首15人のうち、前任者より多くの議席を獲得したのは5人しかいない。彼らは平均で、12議席減らしている。シーア党首と同じくらい多くの議席を増やしたのは、わずかに2人である。ハーパーは2004年総選挙で、カナダ同盟と進歩保守党の合計を21議席上回り、留任した。ブラッケンは1945年総選挙で28議席増やしたが、辞任した。
 シーア党首が獲得した121議席は、野党としてはカナダの歴史上最大である。議席数は後の時代ほど増加しているが、その議席率35.8%においても、今の保守党は1980年以降で最大となる(議席率最大の野党は、1872年の自由党で47.5%)。
 だがローリエやハーパーの状況と、今のシーア党首は大きく異なる。ローリエが1891年に敗れたとき、自由党は17年間総選挙で負け続けていた。ハーパーが2004年に敗れたときも、自由党が11年間政権を握り続けていた。
 カナダ保守党は新党結成して最初の総選挙で、前回はカナダ同盟66議席と進歩保守党12議席だったのを、99議席にまで増加させた。大票田オンタリオでは前回2議席だったのを、24議席に躍進させたことが高く評価された。
 いっぽうシーア党首は、得票率がケベックで16%で、前回の16.7%より減少した。オンタリオでも33.2%で、前回の35.0%より約2ポイント減少している。この2つの数字は、カナダ保守党結党以来最低の数字である。彼は議席と票を増やしたことを誇っているが、増えたのは西部の議席と死票であり、政権獲得に必要な中部の大票田ではむしろ成績が下がっているのだ。
EIuYBWRWwAAHbf9.jpeg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

シーア党首の二重国籍発覚 [保守党]

 保守党のアンドリュー・シーア党首は、アメリカ市民の父から生まれたのでアメリカ国籍を有していると、グローブ&メイル紙が10月3日に報じた。
 二重国籍を公表しなかった理由を問われると、彼は誰にもきかれなかったからと答えた。
「私や私の家族を知っている人は皆、父がアメリカで生まれたことを知っている。」
 彼は、アメリカのパスポートは何年も前に失効しているし、8月にアメリカ市民権を放棄するためアメリカ領事館に行ったと説明した。
「二重国籍を持つことは、カナダでは大した問題ではない。親が外国生まれのカナダ人は、何百万人もいる。」
「そのとき私は、党首ではなかった。」
「党首になったあと、こうする決断をした。」
「私は、ほかの問題に集中していた。私は党を建て直し、選挙に備えていた。」

 彼は、アメリカのいかなる選挙にも投票しなかったと断言した。だが10月21日のカナダ総選挙までに市民権放棄の手続きが完了するかどうかを、答えることはできなかった。
「私は、アメリカ大使館からの返事を待っている。」
 彼はアメリカで投票はしなかったが、所得申告はしたと認めた。だがそれが何度で、いくらの所得を申告しいくらの還付を受けたかは明らかにしなかった。
 アメリカ市民はどこに在住していようと、全ての収入についてアメリカ内国歳入庁に申告しなければならない。さらに外国口座税務コンプライアンス法(FATCA)で、全てのアメリカ市民は銀行、証券会社、保険会社など外国の金融機関口座について、内国歳入庁に申告しなければならない。故意でない違反には罰金1万2921ドルが、故意の違反には12万9210ドル以下または口座価値の50%以下の罰金を科せられる可能性がある。

 シーア党首は、最後にアメリカのパスポートを使ったのはいつか思い出せないと語った。
「家に帰って調べないといけない。」
「私は大人になってからは、アメリカのパスポートを必要としなかった。」
 彼は2008年11月から2011年6月まで下院副議長、2011年6月から2015年12月まで下院議長、2017年5月から保守党党首を務めている。彼は公式野党党首(いわゆる「影の首相」)として、何度かアメリカに入国しているが、二重国籍者を含む全てのアメリカ国民は、アメリカ出入国の際にアメリカのパスポートを使用しなければならないと規定されている。

 さらに問題なのは、外国籍の有無にかかわらずアメリカ市民は、18歳になる30日前までに兵役のため登録しなければならないことだ。シーア党首は4日、登録したかどうか覚えていないと語った。だが保守党広報は、シーア党首が法律にしたがい登録したことを確認したと発表した。
 通称「ドラフト」として知られる選抜徴兵法により、18歳から25歳までのアメリカ市民男性は、いつでも徴兵に応じられるよう登録しなければならない。アメリカは、国の非常事態または軍の緊急な拡大が必要となった場合、登録リストから徴兵することができる。ただし、ドラフトはベトナム戦争以降は実施されてなく、兵役は1973年以降は志願制である。
 アメリカ政府のウェブサイトは「無国籍と二重国籍の男性は、選抜徴兵制に名前を登録しなければならない。彼らは登録する必要を免除されていない」と警告している。登録を怠ると、25万ドル以下の罰金または5年以下の禁固刑、もしくはその両方を科せられ、奨学金の受給資格を失い、連邦政府公務員になれなくなる。

 1982年にカナダが完全独立を達成してからは、公人の重国籍はしばしば問題にされた。保守党は、自由党のステファン・ディオン党首や新民主党のトム・マルケア党首の重国籍を批判した。ハーパー前首相も「私の場合は、非常に明確だ。私はカナダ人であり、かつカナダ人のみである」と言って、彼らを言外に批判した。そのとき平議員だったシーア氏は、沈黙していた。
 フランス国籍を持つミカエル・ジャン氏が2005年に総督に就任するとき、シーア氏はブログに意味深長な言葉を書いている。
「彼女が二重国籍だったら、あなたは困るだろうか。彼女がフランス国籍でなくアメリカ国籍だったら、あなたは困るだろうか。」
 彼はもちろん、自身の二重国籍には言及しなかった。

 ワシントンの移民弁護士レン・サウンダース氏は、出入国管理法においてシーア党首は完全にアメリカ人とみなされると語った。
「彼のパスポートが期限切れだというだけでは、彼がアメリカ人でないことを意味しない。」
「私は、彼がもっと以前に市民権を放棄しなかったことに驚いている。」
「もし彼が選挙に勝ったとしても、まだアメリカ市民のままだろう。何か月もかかる。」
 トルドー首相は、国籍の有無ではなく誠意を問題にした。
「二重国籍を持つことが、政治家として失格だとは思わない。ただし、3700万のカナダ人のための首相の職務を求めているなら、あなたはカナダ人に誠実でなければならないと、私は思う。私はそれが、シーア氏が答えを出さなければならないものだと思う。」
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域