SSブログ
2021年02月05日| 2021年02月19日 |- ブログトップ

ナショナリスト党党首、ヘイトスピーチで逮捕 [人権]

602dcab1240000bc02cbc366.jpg カナダ・ナショナリスト党(Canadian Nationalist Party/Parti Nationaliste Canadien)(※Nationalist Party of Canadaとは別)のトラビス・パトロン党首(29歳)が2月15日、ヘイトスピーチ容疑で逮捕された。
 パトロン党首は2019年にyoutubeに公開した動画において、彼自身がユダヤ人について「金融やマスコミを操る『内部の操作者』は国から追い出されるべき」「寄生種族に警戒せよ」「詐欺師」「蛇」「サタンの教会」などと語っていた。

 パトロン党首はサスカチュワン大学を卒業し、2017年にカナダ・ナショナリスト党を結成した。その目的は「有色人種に対し、白人カナダ人の多数を維持することで彼らの社会的・経済的状況を促進する」ことで、政策は移民の制限、ヨーロッパとキリスト教の価値に基づく国家的義務教育の導入(筆者注※教育は州が行うと憲法に規定されており、国は行わない)、多文化主義法の廃止、プライド・パレードへの公金援助中止、妊娠中絶の制限などである。2019年9月に政党登録された。
 パトロン党首は2018年9月、人民党のベルニエ党首と会談し、近いうち実施される総選挙において何らかの協力・提携ができないかと打診したが、一切の提携を拒否された。2019年総選挙でパトロン党首は、在住するサスカチュワン州ソウリス-ムースマウンテン選挙区に出馬したものの、得票率0.4%で最下位に敗れている。ほかに二人の候補が同党から出馬したが、ケベック州の候補は得票率0.05%、オンタリオ州の候補は0.2%で落選した。

 フレンズ・オブ・サイモン・ウィーゼンタール・センターのジェイム・カーズナー=ロバーツ理事は、次のように述べた。
「彼は、ユダヤ人のカナダからの除去を呼びかけた。これは民族浄化であり、人道に反する罪である。」
 カナダ・アンチ・ヘイト・ネットワークのイバン・バルゴード事務局長は、起訴はもっと早くされなければならなかったと述べた。
「この罪のための起訴が601日・・・あまりにも長い。彼が独房で腐敗していてもいいころだろう。」
Canadian_Nationalist_Party_ensign.jpg 彼は同党を「カナダ初のネオナチ政党」と言い、政党登録されたことでパトロン容疑者が特権を得たことを問題視した。
「それは、連邦政府が公金で彼の党を補助したことを意味する。そしてもう一つは、選挙管理委員会がパトロン氏に有権者名簿の写しを渡したことを意味する。彼は、あらゆるカナダ人の氏名・住所・生年月日を知り得たのだ。」

 法律上、党首の逮捕あるいは投獄は党の活動に影響しないが、獄中にいる人は立候補はできない。パトロン容疑者は2019年、リジャイナで二人の女性に暴行した容疑で起訴されている。


写真上:youtubeに出演するトラビス・パトロン党首。
図下:カナダ・ナショナリスト党のロゴ。ケルト十字に似ている。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域
2021年02月05日| 2021年02月19日 |- ブログトップ