SSブログ

2019年カナダ総選挙速報 [2019年下院選]

 10月21日に実施された2019年カナダ連邦議会総選挙は、自由党157、保守党121、ケベック連合32、新民主党24、緑の党3、人民党0、無所属1(定数338議席)でほぼ確定し、自由党の少数政権が確実となった。
 保守党は得票率34.4%で、自由党の33.1%を上回ったが、議席では36差をつけられた。二大政党は直前の世論調査より多くの票を得たが、議席では予想を保守党はやや下回り、自由党は大きく上回るなど、自由党にはツキがあった。
 自由党は、過半数に13足りない少数政権を率いることになる。保守党は内閣打倒するのに最も大きい野党3党の協力が必要なのに対し、自由党政権はそのうちの一つを味方につければ議会の過半数を制することができる。

 事前の予想では自由党は、前回総選挙で全議席を獲った東部で相当数を失うとされたが、実際に失った議席はニューブランズウィックで4つ、ノバスコシアで1つ、ニューファンドランド&ラブラドルで1つ、プリンスエドワード島では全勝し、大多数の議席を維持した。前回圧勝したオンタリオとケベックは、前者では前回80に対し79、後者では前回40に対し35と、ケベック連合躍進にもかかわらず新民主党の不評のため、浅い傷で済んでいる。
 今回総選挙では3つの主戦場があるとされ、一つはトロント郊外、一つはケベックのフランス語地域、一つはブリティッシュコロンビアのローワー・メインランドである。自由党は地盤のトロントの全選挙区を制したほか、トロント郊外でもほぼ全部を制した。ケベックでは地盤のモントリオールでほぼ全勝したが、フランス語地域では苦戦し、州全体では35議席で第一党の地位をかろうじて維持したものの、ケベック連合に32議席を取られた。新民主党は、ケベックでわずか1議席に終わった。
 中部2州で絶好調の自由党は、ブリティッシュコロンビアでは苦戦した。グレーター・バンクーバーで保守党・新民主党とほぼ3等分する結果に終わり、ローワー・メインランドでは保守党躍進を許した。バンクーバー島では緑の党が2議席獲得し、自由党は完全に締め出された。
 自由党が過半数を制するには、3つの主戦場全てを制する必要があった。だがオンタリオを制した自由党は、ケベックではケベック連合と痛み分け、ブリティッシュコロンビアでは第3党に沈み、過半数割れに終わった。
271_229920_0.jpg

 保守党は、ハーパー前首相が前回獲得した議席を上回った。サスカチュワンで全勝、アルバータでは1つを除き全勝し、ブリティッシュコロンビアのローワー・メインランドではうまくやった。だがケベックで浸透できず、主戦場のトロント郊外で大敗した。
 SNC-ラバラン問題が発覚してから、保守党はずっと支持率首位を走って来たが、勝ちきれなかった。シーア党首は40歳で政治歴が浅く、下院議長を務めたが大臣経験もなく、知名度が低かった。
 彼が当選した2017年党首選は、17人の候補が乱立した。メディアは、ベルニエやオリアリーやリーチのようなキャラの立つ候補を取り上げたため、彼は目立つのに苦労した。投票は優先順位付き連記投票で行われ、敵のいない彼は大量の「第2候補」票を集めた。彼が当選できたのは、本命のベルニエがあまりに急進的な改革を主張したため、それを危惧した党員が保守的なシーアのもとに集まったからである。だがそのベルニエは党を追われ、もういない。
 シーア党首は選挙戦でも、減税、炭素税反対といった伝統的な保守党の主張に固執し、真新しさをアピールできなかった。彼はトルドー首相を、SNC-ラバラン問題やブラックフェイス問題などで「統治する道徳的資格を失った」と非難したが、トルドー首相はシーア党首ではなくオンタリオ州のフォード保守党政権を批判した。
 しかし彼自身も、道徳的問題から無縁ではいられなかった。無資格で保険を売っていたことや、アメリカとの二重国籍を暴露された。そして2005年に公開した動画で「同性カップルは『自然な』生殖ができず『本来の外観』を持たない」「犬の尻尾を『脚』と呼ぶことにしたら、犬の脚は何本か」(※リンカーンの格言。尻尾を『脚』と呼んでも、尻尾は脚にはならない。ゆえに同性パートナーシップを『結婚』と呼んでも、それは結婚ではない)と述べ、新民主党がケベックから締め出されたのに、ケベックで支持を拡大できなかった。二大政党党首は伝統的にチャンスを2度与えられることになっていて、一度の敗北では降ろされないものだが、シーア党首の地位は決して安泰とは言えない。

 ケベック連合は、ケベック第一党の地位は逃したものの、全体では野党第2党のかつての地位を取戻し、完全に復活した。新民主党がケベックで喪失した議席は、ほとんどケベック連合が奪い取った。2番目に議席の多いケベックでケベック連合が強い勢力を持つことで、何度選挙をやってもどの党も過半数に達しないという21世紀初めの状況が復活し、弱体政権が続くおそれがある。

 新民主党は、解散前には公式政党(12議席)ステータスの維持すら危惧されていたが、20台の議席を維持し、新しい議会ではキャスティング・ボートを握る。「シン党首では選挙に勝てない」と言われ、総選挙後に引きずり降ろされると思われたが、党首の地位には留まれそうだ。
 シン党首は選挙戦の最後の3週間でトロントを5回訪問したが、全ての選挙区を自由党に取られ、カナダ最大の都市から締め出された。東部では、ニューファンドランドの1議席に終わった。2011年総選挙で躍進したケベックでは、一つを除く全議席を失い、ルース・エレン・ブロソー院内総務も落選した。

 緑の党は、東部で初の議席を獲得。一時は支持率が2桁台に達し、2桁議席も夢ではないと言われたが、得票率6.3%で3議席となり、「主要政党」の仲間入りだ。
 大きく成長した党は、様々な人々を含んだ。オンタリオの候補は反イスラム発言で公認を外されたが、ケベックの候補が反イスラム発言をしたときは、謝罪だけで済ませた。メイ党首は「分離主義」の候補を受け容れ、妊娠中絶に関しても「投票は自由」と述べ、新民主党のシン党首に巧妙につけ込まれた。近親憎悪にも似た激しい非難合戦は、選挙戦終盤で緑の党を失速させ、「仁義なき戦い」は新民主党に敗れた形となった。

 人民党はベルニエ党首が落選し、議席0に終わった。

 法務大臣を辞任し、SNC-ラバラン問題を暴露したウィルソン-=レイボールド氏は無所属で当選。与野党伯仲議会では、台風の目になる可能性もある。
nice!(0)  コメント(9) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 9

高橋幸二

ケベック州ボース選挙区、人民党のマクシム・ベルニエ党首は得票率30.6%で、保守党候補の34.0%にリードを許す。サイ党候補で同姓同名のマクシム・ベルニエ候補は133票。
by 高橋幸二 (2019-10-22 11:15) 

高橋幸二

緑の党がブリティッシュコロンビアで2議席獲得。計3議席に。
by 高橋幸二 (2019-10-22 11:55) 

高橋幸二

人民党のマクシム・ベルニエ党首、落選確実。
by 高橋幸二 (2019-10-22 12:03) 

高橋幸二

バンクーバー・グランビル選挙区、無所属のウィルソン=レイボールド元法相が当選確実。
by 高橋幸二 (2019-10-22 13:01) 

高橋幸二

ブルームバーグ「新民主党と連立か」
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-10-22/PZR8XXT0G1L101
>過半数の170議席には届かず、26議席を得る方向にある新民主党が連立相手となる可能性が最も高い。

こんなこと書いちゃっていいんですかねえ。カナダには連立する習慣はないし、過半数に14議席足りないだけですよ。
私は連立はないと思います。トルドー首相は何も言っていないし、シン党首が連立を公言したのは、票を自由党に取られないための方便ですから。
by 高橋幸二 (2019-10-22 13:52) 

高橋幸二

自由党の長老、ラルフ・グッデイル公安・非常時対応準備大臣が落選、引退か。保守党のリサ・レイト副党首落選。次の党首の有力候補だった。
by 高橋幸二 (2019-10-22 14:20) 

高橋幸二

「ベガスの女」で知られる新民主党のルース・エレン・ブロソー院内総務が落選。2011年にケベックで旋風を巻き起こした同党の当選者は、わずか一人のみ。
by 高橋幸二 (2019-10-22 14:50) 

高橋幸二

●ウェッジ
https://wedge.ismedia.jp/articles/-/17706
>単独過半数には14議席及ばないことから、連立政権が誕生することとなる

そんなこと言っていいんですか?

>中道右派・保守党は121議席(95増)となる見通し

95は解散時勢力。「95増」は「26増」の誤り。

>保守党とNDPは同国東部で支持を得た

NDPは「東部」では1議席しか獲れていません。

>シン氏は、カナダ初のマイノリティー(人種的少数派)党首

正しくは「ビジブル・マイナリティ」。マジョリティはイギリス系とフランス系なので、それ以外はマイナリティです。

>一方で連立政権は珍しい

「珍しい」のではなく、一度もありません。
by 高橋幸二 (2019-10-22 20:14) 

高橋幸二

名古屋テレビの超絶飛ばし記事
「カナダ総選挙は与野党大接戦 トルドー政権交代か」
https://www.nagoyatv.com/news/kokusai.html?id=000167380

日本時間の11時25分なら、開票始まって約1時間後で、ほぼ大勢は決していました。
いつ書いた記事かわかりませんが、普通の人なら前日には自由党少数政権とわかるし、11時すぎには予想の130議席を超えるとわかります。
by 高橋幸二 (2019-10-22 20:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。