SSブログ

ケベック未来連合、政権奪取か [ケベック]

 ケベック州議会総選挙は、10月1日までに実施される。
 CBCは今月世論調査を行い、政党支持率をケベック未来連合34.8%、ケベック自由党29.7%、ケベック党17.0%、ケベック連帯10.7%、その他7.8%と発表した。ここから導き出される予想獲得議席は、ケベック未来連合72(65~85)議席、ケベック自由党39(27~53)議席、ケベック党9(1~25)議席、ケベック連帯5(2~10)議席(定数125、括弧内は最小と最大議席)となり、ケベック未来連合が過半数を獲得する可能性が非常に高いことがわかった。
 ケベック未来連合は、2017年秋から与党自由党をリードし続けている。州全体での、ケベック未来連合の自由党に対するリードはわずか5%だが、フランコフォン有権者での支持率はケベック未来連合40.2%、自由党22.0%、ケベック党19.5%となり、18ポイントもリードしている。フランコフォン有権者が圧倒的に多いことから、政治評論家のエリック・グルニエ氏は、ケベック未来連合の勝率を96%と測定した。非フランコフォン有権者での支持率は、自由党が68.3%と圧倒的に強く、ケベック未来連合の10.2%を大きく引き離している。
 かつての二大政党で、フランコフォン有権者に圧倒的に支持されていたケベック党は、その支持をケベック未来連合に奪われている。支持率1位の選挙区はわずか4つで、モントリオール島だけで5議席獲得を見込めるケベック連帯を、下回る可能性すらある。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。